進物

全て 名詞
490 の例文 (0.00 秒)
  • ろくに挨拶もせずいきなり進物を差し出すというのも変なはなしである。 ...
  • また次第に一般の来訪者による進物でもそれがなされるようになった。 ...
  • 珍しいことであったが、進物の山を前にして天皇の心ははれやかであった。 ...
  • 次には、はてしない進物競争をやめたいという相談かも知れないと思った。 ...
  • そして江戸時代後期から明治時代後期にかけては進物の主流を占めていたのであった。 ...
  • 自分の信任を裏切った人から進物を受けていいかどうか迷っていた。 ...
  • 全体腐敗しやすい食物を歳暮の進物にするのは衛生に無頓着な証拠です。 ...
  • 季節ごとに進物の遣り取りがあったという記録が残っておる。
  • しかも、彼等は、もつと大切なる精神的進物を持つて来たのである。 ...
  • この会見のあいだに、家臣たちの手で、相互の進物しんもつの交換がすまされていた。 ...
  • 宗助がそれをげたところは、まるで進物の菓子折のようであった。 ...
  • 中野の屋敷の前から向島一帯は進物をつくる店舗がならんだくらいである。 ...
  • そしてお前自身もこの御進物の一部となってくれ。 ...
  • 進物や反物の残品などがあった場合も、改めのうえ蔵へ入れられる。 ...
  • これを要約していう時は、金と女とを進物にして、ばつをつくったということになる。 ...
  • これらのおびただしい進物を先にとどけておいて、小次郎は家を出た。 ...
  • 献上物・進物の残品販売は、通詞が代参する参府休年にも行われていた。 ...
  • 次へ