進み具合

142 の用例 (0.00 秒)
  • 展示作業の進み具合には満足したらしく、彼女はそんな話を藤坂さんに向けた。 雫井脩介『クローズド・ノート』より引用
  • 来たばかりじゃ無理もねえがな、ここは現世とは時間の進み具合が違うのさ。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • 子供たちの勉強の進み具合が多少でもわかったからではない。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • 一同は緊張して声もなく、彼の仕事の進み具合に注目していた。 フーリック/大室幹雄訳『中国鉄釘殺人事件』より引用
  • 話の進み具合によって表情が刻々と変わっていくことも知るすべはないのだ! ウェルズ/新庄哲夫訳『タイム・マシン』より引用
  • エレベーターホールからの間隔で作業の進み具合を測ることができる。 辻井喬『いつもと同じ春』より引用
  • 勉強の進み具合が悪いときにこの質問をすると、二、三人という答えが返ってくる。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • ぼくや親父に近づいて、捜査の進み具合を知ろうとしたんでしょう? 口有介『ぼくと,ぼくらの夏』より引用
  • しかし人間や動物の足音ではなく、その進み具合は不規則だった。 ブロック『アーカム計画』より引用
  • かと言って話の進み具合には全く影響はない。
  • あなた方二人の勉強の進み具合はどうなの? モンゴメリ/神山妙子訳『アンの青春』より引用
  • 授業時間は進み具合を見て延長すればよい。 赤川次郎『マリオネットの罠』より引用
  • このドキドキに、筆の進み具合も追いついてくれれば最高なんですが。 三浦真奈美『風のケアル 第3巻 嵐を呼ぶ烽火』より引用
  • 交渉事ひとつにしても、ふだんからの信頼の有無で、進み具合が異なります。 井上祐美子『五王戦国志7 暁闇篇』より引用
  • 高原氏の体験はナホトカ民主運動の進み具合を知るうえで貴重な物差しとなる。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • その上、こちらの調べの進み具合を、わざわざ相手に知らせてやることにもなってしまう。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • ここに来る前に給仕と話し、食の進み具合も確かめているはずだ。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 02 ユニコーンの日(下)』より引用
  • 医療の開発と研究の進み具合にしかない。 井田真木子『もうひとつの青春 同性愛者たち』より引用
  • 彼は今、武上とふたりで、捜査の進み具合を記録してゆく土台となる地図を作っていた。 宮部みゆき『模倣犯 上』より引用
  • 師弟の間で修練の進み具合を見たり、修正をする目的で使われる。
  • 次へ »

進み具合 の使われ方