連闘で出走

17 の例文 (0.00 秒)
  • その後はオグリキャップとともにジャパンカップに連闘で出走し13着。 ...
  • ここで藤沢和雄はこの馬の能力を試すため阪神3歳牝馬ステークスに連闘で出走させた。
  • しかし、予定通り連闘で出走する事になった5月24日のダービーでは3番人気に支持される。 ...
  • 最初の2戦では8着・10着と惨敗するも、10着に敗れてから連闘で出走した10月18日のレースでは好位から直線では抜け出して勝利した。 ...
  • その後エリザベス女王杯と同日に行われた富士ステークスに出走し勝利を収めたが、勝ち方から2400mは持たないと藤沢は判断し、急遽登録だけに留める予定だったマイルチャンピオンシップに連闘で出走する。 ...
  • 翌週11月14日の2歳未勝利戦に連闘で出走し、初勝利を挙げる。 ...
  • この年の東京優駿には相手が薄いと見た優駿牝馬優勝馬チトセホープも連闘で出走しており、2番人気に推されていた。 ...
  • 翌週の第9回ジャパンカップにオグリキャップは連闘で出走。 ...
  • 第100回天皇賞に敗れたオグリキャップの陣営は、第6回マイルチャンピオンシップと第9回ジャパンカップに連闘で出走することを表明した。 ...
  • 準重賞でデビュー勝ちを収めると、連闘で出走したブルーダイヤモンドステークスで素質馬として知られていた1番人気のテスタロッサに2馬身差をつけてG1を初制覇。 ...
  • 最終登録時点で、出走可能頭数18頭に対し20頭の登録があったが、10月24日時点で富士ステークスからの連闘で出走を予定していたスウィフトカレント、2006年エリザベス女王杯優勝馬で2007年札幌記念優勝馬フサイチパンドラが回避。 ...
  • 続いての谷川岳ステークスは13着に、連闘で出走した都大路ステークスでは果敢に逃げたものの、12着に敗れた。 ...
  • その後シラオキは連闘で出走した優勝戦で、目黒記念優勝の古馬タピトをハナ差で降し優勝。 ...
  • 暮れの阪神の条件戦で鞍上に境勝太郎を迎えて勝つとその翌週の第3回阪神三歳ステークスに連闘で出走して3着に入った。 ...
  • これまでは1600m以下の距離を使ってきたが、次走はフレミントンスプリングカーニバルの最終日に行われるGI、エミレーツSに連闘で出走。 ...
  • その後京都4歳特別を挟み、3戦2勝としてオークスに出走したが、フエアマンナの3着となり、さらに連闘で出走した日本ダービーでは、重馬場が苦手な事や、落馬事故などの影響もあって、最下位の25着に敗れた。 ...