連邦内務省

26 の用例 (0.00 秒)
  • 国立公園は、連邦内務省の国立公園局が管理責任を持っている。
  • 撤退する連邦内務省軍はアルメニアとアゼルバイジャンに大量の武器を残していった。
  • 連邦内務省の国立公園局と土地管理局および農政省の森林局が中でも重要な部局である。
  • 連邦刑事局は、連邦内務省に所属するドイツの情報機関であり、各州における犯罪調査機関である州刑事局と協力し、重大犯罪、特に複数の州をまたぐような場合の指揮を行い、法を執行する。
  • 現在旧ソ連邦諸国に見られる国内軍は、ソビエト連邦内務省に設置されていたソ連内務省国内軍の各国部隊が、ソ連邦崩壊に伴い各国の内務省に移管されて設立されたものである。
  • こうしてついに同バンドは1984年にアメリカ連邦内務省インディアン管理局に再公認されて「復活」を果たした。
  • 終戦後の1946年3月を以てソビエト連邦内務省に改編された。
  • 同課は間もなく連邦内務省憲法民主主義擁護局に改称し、さらに連邦内務省連邦情報庁に改称した。
  • 亡命後は他の亡命者たちと共に亡くなる直前までNKVD、ソビエト連邦内務省に監視されていた。
  • クーデター後はロシア連邦内務省に籍を置いた。
  • インディアンが「インディアン部族である」としてアメリカ連邦政府・州政府から公式認定を受けるためには、連邦内務省や州議会に対して、大量の血統証明書類の提出が必要であり、申請活動が数10年に及ぶことは珍しいことではない。
  • 最終的に連邦内務省では、イタリアによるゼーフェッケへの告発は多くが伝聞に基づいており、矛盾も多く、ゼーフェッケがユダヤ人および政治犯の弾圧に関与していたと確信するには至らないとの判断を示した。
  • 旧プロイセン地域の文化遺産の保存・管理については、1957年に連邦内務省所管のプロイセン文化財団が設立された。
  • やがてソ連崩壊に際して連邦内務省軍は12月19日にナゴルノ・カラバフから撤退を開始し、27日に撤退を完了した。
  • また1947年に連邦内務省および英軍と共に彼の無実証明を行っていたこともあり、CIAはゼーフェッケへの支援と連邦内務省への働きかけを惜しまなかった。
  • これを受け、1946年の5月か6月頃、内務人民委員部から名称が変わったばかりのソビエト連邦内務省の関係者との間で秘話通信に関する会議が開かれ、脆弱性の有無を確かめるための試験を行うことが決まった。
  • チェコスロバキア連邦内務省国家安全保障隊が、終戦直後から1973年までの間に捜査にあたった30件の事件を描いた。
  • のちにNSUテログループ調査委員会の委員長であるは、連邦内務省がVメン「コレルリ」からの意見や情報を拒み、その存在を認めようとしなかったことを非難している。
  • イロコイ連邦はアメリカ連邦内務省の出先機関であるBIAの傀儡である「部族政府」を設置しないことで自治権条約を固持しており、アメリカ・カナダの両連邦政府からもニューヨーク州政府からも直接権限の及ばない、インディアン部族では例外的な中立独立国家の体制を保っている。
  • ヤン・ゼマンを演じたのはチェコを代表する俳優の1人、ヴラジミール・ブラベツで、撮影には連邦内務省が全面協力した。
  • 次へ »

連邦内務省 の使われ方