連れ去る

全て 動詞
201 の用例 (0.00 秒)
  • また多くの国では親による子供の連れ去りは犯罪として扱われていない。
  • 小野は裕美子が自分を死の世界へ連れ去ろうとしていると思ったらしい。 赤川次郎『怪談人恋坂』より引用
  • ゼダーは主人の体を戦場から連れ去り、いずことも知れぬ場所に隠した。 エディングス『ベルガリアード物語4 魔術師の城塞』より引用
  • きっと誘拐されてどこかへ連れ去られたのだろうと、みんな考えるはず。 乙一『夏と花火と私の死体』より引用
  • 美樹子はその男の運転する自動車で、どこかへ連れ去られたらしいんだ。 横溝正史『金田一耕助ファイル15 悪魔の寵児』より引用
  • だがそれも三日後には両親が連れ去るようにして退院させてしまった。 牧野修『スイート・リトル・ベイビー』より引用
  • 街道の向こうからやって来た奴らに連れ去られたとみるのが常道じゃな。 菊地秀行『吸血鬼ハンター11a D-ダーク・ロード1』より引用
  • 父を殺され、母は連れ去られたと言ったが、たぶん消されているだろう。 赤川次郎『哀しい殺し屋の歌』より引用
  • そうした異界は、隠し神に強制的に連れ去られていくところであった。 小松和彦『神隠しと日本人』より引用
  • 連れ去られた子どもの心に与えられた打撃は、長く子どもの心に残る。
  • 真族と人間とのハーフとして生まれた子どもは真界へ連れ去られてしまう。
  • では鬼に連れ去られた者は、どのような異界を見ることになったのだろうか。 小松和彦『神隠しと日本人』より引用
  • 三人の人質のうち一人に逃げられたのに、残る二人を連れ去られては! ヴェルヌ/土井寛之・荒川浩充訳『少年船長の冒険』より引用
  • 眠ったままゴチミルに連れ去られる昔話が各地に残っているといわれる。
  • もしそうなら連れ去った者の代わりに、ほかの魂を置いていくのでしょうか? イエイツ/井村君江訳『ケルトの薄明』より引用
  • メグレは老司祭が悔悛かいしゅん者を連れ去ってしまう可能性まで考えているのだ。 シムノン/長島良三訳『メグレと老外交官の死』より引用
  • ところがある日、悪魔の使いがきょうだいのひとりを連れ去りました。 姫野カオルコ『ドールハウス 処女三部作1』より引用
  • ブラウンが彼女を連れ去った頃彼女は病気で、彼の船に乗ったまま死んだ。 コンラッド/蕗沢忠枝訳『ロード・ジム(下)』より引用
  • そして東京の監視者である鷹野も同じ夜にどこかへ連れ去られ、殺された。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 07 皆殺し編』より引用
  • 人々は列をなして宇宙人の船に乗り込み、他の星へ連れ去られて行く。 半村良『聖母伝説』より引用
  • 次へ »

連れ去る の使われ方