連れ出す

全て 動詞
508 の用例 (0.01 秒)
  • 何としてもその人を陽の当たるところへ連れ出さなければならなかった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第03巻 「白亜宮の陰影」』より引用
  • 彼が女房を連れ出すと、父親の世話をする者が誰もいなくなってしまう。 三浦哲郎『真夜中のサーカス』より引用
  • ところがある夜、余左衛門は川で男達が娘を連れ出すところを目撃した。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 君を乗せる舟』より引用
  • なぜあんな時間に外に連れ出させたのか、その前に酒を飲ませたのかと。 歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』より引用
  • 僕は美雨の提案を伝えただけだし、無理に連れ出そうともしていないし。 佐竹彬『カクレヒメ 第02巻』より引用
  • 伊丹さんは今のところ狼の時期になっても外へ連れ出されてはいません。 半村良『石の血脈』より引用
  • どんな用意もする必要はないだろうが、家族の者は牧場へ連れ出したい。 ニーヴン&パーネル『悪魔のハンマー〔上〕』より引用
  • 店の外に連れ出すまで、男はずっと同じことを繰り返しつぶやき続けていた。 牧野修『ファントム・ケーブル』より引用
  • これは双眼鏡を奪われるだけではなく南が連れ出されて行く代物だった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 彼女が私を部屋から連れ出してくれようとしているのではないかと思った。 イネス/池央耿訳『怒りの山』より引用
  • 父は私を外に連れ出すのを諦めたけど、逆にもっと嫌な目にあわされた。 宮谷シュンジ『絶望の世界 4狭間の世界 ボクの日記』より引用
  • 中学生から高校を卒業するまでの頃、よく工事現場に連れ出したりした。 辻井喬『いつもと同じ春』より引用
  • リディアはわけもわからず、彼に連れ出されるようにして階段を下りる。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第18巻 魔都に誘われた新婚旅行』より引用
  • 國友の部下に連れ出されたらしい言うと、急にギラリと例の眼色をした。 三好十郎『肌の匂い』より引用
  • 秋葉様を連れ出してしまおうと考えたことも、一度や二度ではなかった。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • けれどその声はもう、私をどこかに連れ出してはくれそうもなかった。 角田光代『あしたはうんと遠くへいこう』より引用
  • それには何よりもこの二人を封鎖地区から連れ出さなくてはならない。 K・H・シェール『地球への追放者』より引用
  • 一人の男が全裸の女を車から連れ出し、髪をつかんで引きずっていった。 勝目梓『炎』より引用
  • あなたは、さっき私を連れ出すことができなかったんじゃございませんの? ドストエフスキー/中山省三郎訳『白痴(上)』より引用
  • ヤスミを発見したらすぐに声をかけて人気のないところに連れ出そう。 谷川流『涼宮ハルヒの驚愕(後)』より引用
  • 次へ »