連れて歩く

112 の用例 (0.00 秒)
  • 実際、連れには悠長ゆうちょうに自分を連れて歩く時間がなかったのかもしれない。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅢ Side ColorsⅢ』より引用
  • はっきり言って、男は見た眼や連れて歩く時、痩せぎす風が好きなのよ。 森瑤子『非常識の美学』より引用
  • 犬を連れて歩く老人も、数分立ち止まって私たちの様子を見守っている。 角田光代『だれかのいとしいひと』より引用
  • 街で複数の女の人を連れて歩いている男を見ると自分が負け組だと実感します。 ヒロシ『ヒロシです。』より引用
  • また他流試合を商売のようにして、毎晩、喧嘩にみんなを連れて歩いた。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 自分達の立っている前を一匹の大きな白鼠が数疋の鼠を連れて歩いていた。 田中貢太郎『申陽洞記』より引用
  • 少年は雨のなか、いつまでも泣きやまない少女を連れて歩くのに疲れていた。
  • 子供を連れて歩いた方が、集金がしやすくなることを父親はよく知っていた。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • 明人あきとを連れて歩いていたら、あの二人づれに出くわしたことがあるって。 今邑彩『赤いベベ着せよ…』より引用
  • そんな女の子を連れて歩いていること自体は、悪い気分ではない。 三雲岳斗『レベリオン 第01巻』より引用
  • うすぎたない建物の中を、各課の課長の席へ新六が太市を連れて歩く。 松本清張『危険な斜面』より引用
  • 人前を堂々と美冬を連れて歩くことができ、夜には彼女の肉体を貪れる。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • おしゃまな七歳さいくらいの姉が、いつも四つくらいの弟を連れて歩いている。 曾野綾子『太郎物語』より引用
  • 会社の若い連中を連れて歩くことはよくあることだった。 森瑤子『女ざかり』より引用
  • 一緒に恋人として連れて歩くわけには行かない三流以下の男だ。 半村良『闇の中の哄笑』より引用
  • 臨時に金井君を連れて歩いていた大官が手を引張ったのを怒った女中がいる。 森鴎外『ヰタ・セクスアリス』より引用
  • お母さんもちょうどそんなふうに連れて歩いてたものだ。 エディングス『エレニア記6 神々の約束』より引用
  • 彼に「いい女を連れて歩いている」と思わせる存在でいましょう。 梅田みか『愛人の掟2』より引用
  • そこで主人はおれをみ台がわりに仕事に連れて歩いたってわけだ。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • 夜に馬を連れて歩く時は決して走らせてはならない。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅳ』より引用
  • 次へ »