通リスガリ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • そのとき、ふと彼は通りすがりの、女が女に見えぬ茶館へ上っていった。 ...
  • お文を送った帰りに通りすがりの男を誘うのではないかとはらはらする。
  • それも夜の群衆の中で通りすがりのこととて互に手を上げただけである。 ...
  • 航海中に一時的に知合いになった一人の若い男が、通りすがりにいった。
  • 車を追跡していたマスコミたちと通りすがりの医師が第一発見者となった。 ...
  • 見たという人も通りすがりで、しかも出発間際の便に乗るので急いでいた。
  • それは通りすがりの百姓が、みんなのためを思って残していったものである。 ...
  • 彼は荒い鼻息と切実なひとみで、通りすがりの全ての女性に声をかけていた。 ...
  • わっちが死ぬも生きるも通りすがりのお人には関わりのねェことだった。 ...
  • ほんの通りすがりの横眼で見たのだが、これは間違いないと確言した。 ...
  • 通りすがりに見ると、ぼくらは目白駅のところを歩いているのであった。 ...
  • 「通りすがりのひと」に死や永遠の象徴を見ようとする解釈もあるだろう。 ...
  • 遺体が発見されてすぐに、通りすがりの人や記者たちが集まり始めた。 ...
  • 通りすがりのホテルへ入ったので、どの辺りなのか、さっぱり分らない。
  • 手紙一通であるので通りすがりに捨てて行ったのかもしれない。 ...
  • たしかに通りすがりの者が撮ったにしてはなんのポイントもない写真であった。 ...
  • 通りすがりの男や、身元のしっかりとしていない男など絶対に嫌だと思った。 ...