通り過ぎる

全て 動詞
1,855 の用例 (0.01 秒)
  • ようやくそこを通り過ぎると今度は石が落ちて来るというふうであった。 新田次郎『新田義貞(下)』より引用
  • そのとき艦体は既に問題の惑星の傍らを高速で通り過ぎてしまっていた。 ジェイムズ・ブリッシュ『09 明日への帰還』より引用
  • 声をかけてやる余裕もなく、リディアは彼女たちの目の前を通り過ぎる。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第03巻 プロポーズはお手やわらかに』より引用
  • その辺を歩いている学生達が変な目でこちらを見ては通り過ぎていく。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第14巻』より引用
  • 傍をけばけばしい二人の娘がこんなことを話しながら通り過ぎていった。 山田風太郎『戦中派不戦日記』より引用
  • 悲鳴がしているのは玄関を通り過ぎて少し行ったところの廊下だった。 小野不由美『悪霊シリーズ 6 悪霊とよばないで』より引用
  • わたしは、食堂へ続く扉の傍を、ふたりの男の通り過ぎるのを見ました。 チェーホフ/中村白葉訳『チェーホフ短編集「燈火」』より引用
  • 上りと下りの二本の列車が同時に線路を通り過ぎ、橋がかすかに揺れる。 市川陽『放課後のロックンロール・パーティ』より引用
  • 自分の担当医が面会室の前の廊下を通り過ぎるときに隠れるようにする。 山口瞳『人殺し(上)』より引用
  • 何日も前から由希子が自分の目の前を通り過ぎるのを見ていたという。 西田俊也『love history』より引用
  • しかし目的はこの島にはなく、船団は通り過ぎてしまったにちがいない。 島尾敏雄『出発は遂に訪れず』より引用
  • しかも通り過ぎる男も女も、まるでそれを見向きもしないことであった。 胡桃沢耕史『旅券のない旅』より引用
  • 通り過ぎる瞬間に、ほんの少しだけ彼らが話している内容を耳が拾った。 高殿円『銃姫 01 Gun Princess The Majesty』より引用
  • ライトの光が通り過ぎるたびに大気中の雪が黄金のシャワーに変わった。 カヴァン『氷』より引用
  • そうやって彼女は昨日の電話での出来事を通り過ぎるつもりだったのだろう。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • その瞬間に、橋の上をほんとうに限りない車の列が通り過ぎていった。 原田義人『判決』より引用
  • わたしたちが最初さいしょの村を通りぎると、大きな百姓家ひゃくしょうやの門の前へ出た。 マロ・エクトール・アンリ『家なき子』より引用
  • 本線を走ってくる車は、ちょっとスピードをゆるめただけで通り過ぎた。 大藪春彦『唇に微笑心に拳銃 前・後編』より引用
  • もうとっくにお目当てのものの前を通り過ぎちゃったかもしれないのよ。 ジョン・ヴァーリイ『ティーターン』より引用
  • まずこれなどは生活の安定を少し通り過ぎた時代だったに違いない。 小出楢重『油絵新技法』より引用
  • 次へ »