這い廻る

32 の例文 (0.00 秒)
  • 彼は国家機構の壁の上で勝手に這い廻ることは許されない事情があるからだ。 ...
  • 私の翼は折れ、私は地面の上をい廻る情ない存在にすぎなくなった。 ...
  • それ以来おれは天井裏をい廻る夜の蠅のような哲学者になってしまった。 ...
  • 二人は、一本の柱を中心にして、残すところのないように這い廻った。 ...
  • その朝から老婆は腰が立てなくなり、部屋のうちを這い廻ってゐた。 ...
  • つづいて外記の手は刀の柄にかかったので、彼はうろたえて這い廻って逃げた。 ...
  • 勝手に雲が飛び、勝手に油虫どもが這い廻っているようであった。 ...
  • おれを食って、その白い、ぬるぬるした奴がうようよと這い廻るだろう。 ...
  • やがて私は馬になり啓一を背中に乗せて絨緞じゆうたんの上をい廻った。 ...
  • 日本の昔の女たちのように、家の中を這い廻って、そこだけが自分の場所だと思いこんでいた。 ...
  • 残虐な殺人現場で、両親の流した血の海を這い廻った、あの記憶が彼等を悪魔にしたのです。 ...
  • そして甲高い悲鳴を挙げながら翼を引きずり這い廻っているんです。
  • 肉が飛び血が流れ、うめき苦しんでい廻る上に火がメラメラと燃え上りました。 ...
  • 誰にも見えない処を這い廻って美味うまい事をしようとする。 ...
  • 両足のない少年工が、泥と爆煙に真っ黒な顔をして両腕で這い廻っていた。 ...
  • 薄暗い家の中をい廻っていたせいか、冬の弱い陽射しが、ひどくまぶしい。 ...
  • それから凹みのふちへ上って来て、羊歯や灌木の間をうろうろと這い廻った。 ...
  • 次へ