途切れることなく続く

20 の用例 (0.00 秒)
  • 不可視の壁は歩いた範囲はんい内では途切とぎれることなく続いていた。 谷川流『涼宮ハルヒの憂鬱』より引用
  • ときおり雑音が入るが、遠沢の楽しげな声は途切れることなく続いていた。 馳星周『不夜城』より引用
  • やはり現実は途切れることなく続いていたのだ。 鈴木光司『リング』より引用
  • ここでは明治初期からの一世紀という時間も、昭和初期からの半世紀余の時間も、途切れることなく続いている。 高田宏『木に会う』より引用
  • ここまでは音楽が途切れることなく続くが、次の第4部との間ははっきりと区切られている。
  • このビジョンは、2年以上もの間ほとんど途切れることなく続いた。
  • しかし土方一派の舞踊活動自体は1966年以降も途切れることなく続いた。
  • それきり、途切れることなく続いていた扉を叩く音が止む。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第01巻』より引用
  • そのまま2曲目に途切れることなく続いている。
  • 当初から一日も途切れることなく続き、2013年に放送開始から60年を迎えた日本国内でも有数の長寿ラジオ番組である。
  • 駅前ロータリーの隅に補給車を展開して朝から途切れることなく続く砲声、銃声を聞き、目の前で市民の死を見ている。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 12 山口防衛戦』より引用
  • そして、実際に焼香が始まっても、人の流れは途切れることなく続き、斎場は香の煙で目が痛むほどになってしまった。 赤川次郎『家族カタログ』より引用
  • ここで完全に必殺シリーズは途切れるが、独立系テレビ局や時代劇専門チャンネルを中心に各シリーズの再放送がほぼ途切れることなく続いている。
  • 消防車や救急車のサイレンは途切れることなく続いていた。 大迫純一『ゾアハンター 03 復讐のエムブリオ』より引用
  • 葬儀は長年の功績を称えて史上初の協会葬として行われ、その葬列は上野駅から両国橋まで途切れることなく続いたという。
  • この間、琴の音は途切れることなく続いている。 隆慶一郎『一夢庵風流記』より引用
  • しかし、ヘブライ語が日常語として用いられなくなっていた時代でも、ヘブライ語による著述活動は約1800年間、途切れることなく続いていたのであり、全くの死語となっていたわけではない。
  • 山脈の名称にもなっている雪山は、雪山地塁のちょうど中心に位置し、そこから放射状に伸びて台湾北部まで途切れることなく続いている。
  • 行けども行けども貧相な街路樹は途切れることなく続き、どの電柱にも決まって同じレンタルビデオ屋の捨て看板がくくりつけられている。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その2』より引用
  • 鼾は途切れることなく続いていた。 馳星周『不夜城』より引用