途切れることなく

261 の用例 (0.00 秒)
  • ドラマTVへ局名が変更される頃まで途切れることなく放送されていた。
  • 炎と混乱に支配された街から、悲鳴と怒声が途切れることなく流れてくる。 冴木忍『カイルロッドの苦難 2 出会いは嵐の予感』より引用
  • 雨とは違う水分が、途切とぎれることなく色をなくしたほおを伝い落ちていた。 竹宮ゆゆこ『わたしたちの田村くん 第01巻』より引用
  • 量産品の場合の製作継続期間中に途切れることなく調達可能であるか。
  • 第1次世界大戦の戦時中、全米選手権は途切れることなく開催されていた。
  • では次々に途切れることなく老人がチビの下に訪れたのはなぜだ? 日明恩『埋み火』より引用
  • それが今日だけは途切れることなく人が北へと歩いていく。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 製造業の系譜は途切れることなく、また女の社会参加も同様である。
  • 目を閉じても、洩れ出すガスの音は途切れることなく聞こえてくる。 山田悠介『『ドアD』ブログ版』より引用
  • 一日中、ほとんど途切れることなく、恵果の唇と舌は動き続けている。 夢枕獏『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ四』より引用
  • 後方に控えたメイジ隊が途切れることなく回復魔法を詠唱しているせいだ。 九里史生『SAO Web 外伝04 絶剣』より引用
  • 島は途切れることなく氷で覆われており、北西の海岸は北極海に面している。
  • それでも、やみの奥からは、ワイリーの声が途切とぎれることなく聞こえてくる。 伊豆平成『PATRONE2 仮面の少女』より引用
  • 第2次世界大戦の戦時中も、全米選手権だけは途切れることなく開催された。
  • 不可視の壁は歩いた範囲はんい内では途切とぎれることなく続いていた。 谷川流『涼宮ハルヒの憂鬱』より引用
  • 声の中から途切れることなくつづいていた呪いの言葉が、ぴたりと止まった。 日明恩『埋み火』より引用
  • 大きなサイレンの音が、家のすぐ近くで途切れることなく響き始めたからでした。 宮本輝『錦繍』より引用
  • フランスから独立した1956年以降、リーグは途切れることなく開催されている。
  • 俳優業での活躍を広げたあとも、常連出演者としてほぼ途切れることなく出演を続けていた。
  • 岡村と加藤の友情は、そのあいだも途切れることなくずっと続いていたという。
  • 次へ »

途切れることなく の使われ方