逐一話し

19 の用例 (0.00 秒)
  • そこでタッペンスは過去二日間の出来事を逐一ちくいち話して聞かせた。 クリスティ/一ノ瀬直二訳『秘密組織』より引用
  • 奇麗きれいなドレスを着て会社を出た翌日は、朝から昨日の夜はどういう男たちと寝たかということを初めっから終りまで逐一話した。 群ようこ『アメリカ居すわり一人旅』より引用
  • と義貞が言うのを引き受けて、さればでございますと、刀屋三郎四郎は鎌倉で起きたことを逐一話したのである。 新田次郎『新田義貞(下)』より引用
  • その一通りの道程を、お角はお銀様に物語る前に、伊太夫に会って、逐一ちくいち話してしまったのです。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • そう前置きして、影山はその時の模様を逐一話し始めた。 竹本健治『匣の中の失楽』より引用
  • ぼくの推測は前よりもいっそう確実なような気がしたので、まず最初に彼女に話してみようと思ったが、彼女が先手をとって向こうから打ち明けるつもりになって、どんなことがあったかその事情を逐一ちくいち話してくれるんじゃあないかとひそかに願いながら、ひとまず思いとどまった。 プレヴォ/鈴木豊訳『マノン・レスコオ』より引用
  • げんに祭典の進行中、目を閉じたまますわっている主人に、闘技場の模様を逐一ちくいち話して聞かせている奴隷を、わたしはこの目で見たくらいである。 バローズ『火星シリーズ02 火星の女神イサス』より引用
  • 武松は、西門慶と嫂を殺した次第を逐一話して聞かせた。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(二)』より引用
  • それからガーネムはその乙女に、ありし次第を逐一話し、自分がどうして町の外で夜に襲われることになったか、どうして自分が乙女を箱の中から救い出すことになったか、またどうして、もし自分がいなかったら、乙女は地下に窒息ちつそくして生命いのちを落とすところであったかを、聞かせました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 02』より引用
  • 波多野警部は、被害者の父が陸軍省の重要な人物なので、土地の有力者として敬意を表し、たびたび弘一君の病室を見舞い、弘一君が犯罪捜査に興味を持っていることがわかると、捜査の状況を逐一話して聞かせてさえくれたのである。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編02 本格推理Ⅱ』より引用
  • ルームミラーでチラッと見て、客が眠っている場合はまああきらめるけれど、そうでなければ、木村はまず例外なくすべての客にあの時のことを逐一話してしまう、衝動があった。 鈴木光司『リング』より引用
  • 番頭は鉄五郎に紙入れを掏られた事を逐一話している。 山中貞雄『恋と十手と巾着切』より引用
  • 小堀は、逐一話してしまう気になったらしく、酒盃を取り上げて、口を湿すと、坐り直した。 神吉拓郎『私生活』より引用
  • 宋江は、閻婆惜を殺した一件にはじまって、石勇と村の酒屋でめぐりあい、ことづけられてきた手紙を読んで家に帰り、そこで召し捕られてこのたび江州送りとなったまでのいきさつを逐一話した。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(三)』より引用
  • まずファルネイユ夫人に会いに行き、事の次第を逐一話し、それから家に帰って、次のごとき手段で真相究明に乗り出した。 サド/澁澤龍彦訳『美徳の不幸』より引用
  • 家電屋は計画を逐一ちくいち話した。 阿佐田哲也『ヤバ市ヤバ町雀鬼伝1』より引用
  • そして岩見沢警察署に連行されたこと、孤独な毎日であったこと、旭川署に移されたこと、旭川で坂部先生に会ったこと等々、竜太の出遭であった苦難を逐一話して聞かせた。 三浦綾子『銃口』より引用
  • 私は椿事のしだいを逐一話した。 ストーカー/平井呈一訳『吸血鬼ドラキュラ』より引用
  • 結局、治夫は逐一話した。 石原慎太郎『化石の森』より引用