逆サ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 一時間後に匹田はがけの上から逆さになって脚をバタバタさせていました。 ...
  • 逆さにすると舟のような形をしているため「小舟」という愛称があった。 ...
  • が、今のツキにそんな哲学をしている余裕は逆さにしても出てこない。 ...
  • すだれを裏がえしにしてな、上下のあるやつだったら逆さにするんだぜ。
  • 満潮時に首から肩の辺りまで水に漬かる高さに逆さにはりつけたという。 ...
  • 逆さにして振ってみたが、二枚の写真以外には、何も出て来なかった。 ...
  • 無数の卓にはさかさにした椅子いすが置かれていて客の不在を物語っていた。 ...
  • 一体、兄はどうしてそんな天井に逆さまで立っているのか判らないのです。 ...
  • 血を浴びた首筋の毛が逆さに立って獅子のたてがみを見るようでありました。 ...
  • そしてさらに船が傾いていき完全に逆さになって止まるのがわかった。 ...
  • 倒立振子とはスライダ上に逆さに置いた振子の制御モデルのことである。 ...
  • 次の瞬間、また波に従ってボートは逆さになり、彼は足を天にする。 ...
  • まずこの技でラートの重心移動や逆さの感覚を体験することが出来る。 ...
  • あれはまあ、逆さ柱のやうなものだとして観念することにしようか。 ...
  • そして尻を空に向け両手を地について逆さに立ったんだね。 ...
  • ソフトクリームは地面に逆さに突き立っていて、もう食べようがない。 ...
  • 人が逆さにぶら下がっているようにも見えたが、それにしては異様に腕が長い。 ...