逆り

30 の例文 (0.01 秒)
  • だがとりわけ二つの驚くべき逆理をここに発見する。 ...
  • この逆理は、古代ギリシャの哲学者を悩ませたと言われるもので次のようなものだ。 ...
  • すべての工藝の美はこの驚くべき逆理を告げています。 ...
  • いっぽうで選択公理を認めてしまうと一見直観に反していて逆理であるかのような定理が成立してしまう。 ...
  • それと同じで、有能者が無能者に負けることの逆理を説き出したのが、なるほどと聞きなされました。
  • 調和級数が発散することに起因するいくつかの逆理や直観に反する結果が知られている。 ...
  • 彼は盛んに逆理を用いた。 ...
  • 素朴集合論においてよく知られた逆理が導かれるなどの理由により、元 の属する対象 は集合でなく類と考えたほうが有効な場面がある。 ...
  • いかに不思議な逆理であろう。 ...
  • その点運動の逆理とは、点Xが動くということは、同一の点Xが始めは点Aと同一で、終わりには点Bと同一である、と言うことである。 ...
  • 哲学的に言えば、島田氏の小説と芥川賞の関係は、ツェノンの逆理に引っ掛かるのである。 ...
  • ザブフェの哲学では、人間は生物学的な逆理である。 ...
  • ツェノンの逆理以来、この連続の問題が、少し大袈裟にいえば、近代数学における最大の課題であった。 ...
  • 薛燭によれば、これは逆理の剣で、これを帯びる者は臣であればその君を弑し、子であればその父を弑するという。 ...
  • なかでも相当にもっともなものを逆理逆説という。 ...
  • ある学期に、理学部二年生に無限級数を教えていた時、有名なゼノンの逆理を問題として与えた。 ...
  • 感傷的な心持の頂上まで来る彼女は、魂のしんから泣吃逆なきじゃくりながら、真面目につきつめた心で死を思うのである。 ...
  • だが金言というやつは、それ自体では値打ちがなく、逆理において値打ちがあるらしい。 ...
  • 例えば、「ゴムひもの上の芋虫」 と呼ばれる逆理がある。 ...
  • そうして、つと立って行ったが、へりに刺繍のある、マドゥレエヌの手巾ハンカチを持って、戻って来ると、モイラの肩を抱いて、自分の方に向かせ、まだ吃逆しやくり上げているモイラの涙を拭いて遣ろうとした。
  • この逆理は、点時刻概念によってもたらされる。 ...
  • また、組織を実質指揮しきする三柱臣トリニティ参謀さんぼう逆理ぎゃくり裁者さいしや〟ベルペオルは、全てのたくらみに手が届く、と評される鬼謀きぼうの持ち主ではあったが、その印象いんしょう通り『いんぼうが活動の主体である。 ...
  • 反対に、三眼眼帯の美女、参謀さんぼう逆理ぎゃくり裁者さいしゃ〟ベルペオルは、静かに情景じょうけいの意味を探る。
  • 「おかえりなさいませ、〝逆理ぎゃくり裁者さいしゃ〟ベルペオル参謀閣下さんぼうかっか」 何者かの声とともに白い光が回廊かいろうの黒を掻き消し、いつしか三人は殺風景さっぷうけいで広いドーム状の部屋の端に立っていた。 ...
  • 我らが軍師ぐんし逆理ぎゃくり裁者さいしゃ〟ににらまれた身の不運をなげいてくれ、 と気楽に念じつつ、 とむらいの鐘トーテン・グロッケを鳴らすように、やりで肩をゴンとたたいた。 ...
  • 微視的可逆性原理からマクロ現象における不可逆性が説明できるか否かは、不可逆性問題または不可逆性逆理と呼ばれる、自然科学上の未解決問題である。 ...
  • 元より〝ともがら〟同士のよしみ、義理や人情で、世に鬼謀きぼうをもって鳴る〝逆理ぎゃくり裁者さいしゃ〟が援軍えんぐんを出すわけもない。 ...
  • ツェノンの逆理、ラッセルの逆理などというのがある。 ...