逃れる

全て 動詞
4,476 の用例 (0.01 秒)
  • とはいえ地上の一点である以上、監視衛星の目を逃れることはできない。 ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • しかし人生の一面である以上それから逃れるわけにもゆかないのである。 平野万里『晶子鑑賞』より引用
  • 彼は自分の部屋へ帰ると、もうどうしても逃れる方法はないと覚悟した。 谷崎潤一郎『潤一郎犯罪小説集』より引用
  • あの男から逃れるには、こうするより他なかったのだと告白しています。 泡坂妻夫『亜愛一郎の狼狽 (亜愛一郎シリーズ1)』より引用
  • そんなことをしないでも、なんとかして逃れる道があるだろうと思った。 新田次郎『武田勝頼(一)』より引用
  • わたしたちは大勢おおぜいの人のむれからのがれるため、そこによじのぼっていたのです。 ロフティング『ドリトル先生物語10巻 ドリトル先生と秘密の湖』より引用
  • 建物の外に出てしまえばステイルの炎からのがれる事ができるようだった。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第01巻』より引用
  • 中谷は棟居たちから逃れるように、グループの先頭に立って歩き始めた。 森村誠一『棟居刑事 悪の山』より引用
  • 私は私以外の誰にもなれないし、私は私の心から逃れることは難しい。 田口ランディ『ハーモニーの幸せ』より引用
  • どのようにしても、その寒さから逃れることのできない寒さであった。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • きみは生きている限りは生きて、この生を逃れることができないと言った。 森敦『意味の変容』より引用
  • 逃れるかのように、あるいは逃れることができる振りをするかのように。 カヴァン『氷』より引用
  • 私の背後霊としているのなら、この状況から逃れる方法を教えてくれ。 梶尾真治『精霊探偵』より引用
  • その負担から逃れるために、あえて姑のふりをしていたのだとすればね。 法月綸太郎『生首に聞いてみろ』より引用
  • そして次にきた恐ろしい運命から逃れることが出来たかも知れなかったのだ。 海野十三『恐竜島』より引用
  • それからというものは、かれから逃れることのみが彼女の一念となった。 バローズ/関口幸男訳『恐怖のペルシダー』より引用
  • 親にとって、子どもは逃れることのできない苦労の種であるというたとえ。 樋口一葉『にごりえ・たけくらべ』より引用
  • 不幸を逃れる唯一の道は、芸術に立て籠り他は之一切無と観ずるにある。 北条民雄『独語』より引用
  • 逃れるといっても、それは追われることを求めながら、逃げているのだ。 阿刀田高『花の図鑑(上)』より引用
  • 友人に貸して事故を起こされても保有者が責任を逃れることはできない。 結城昌治『死者と栄光への挽歌』より引用
  • 次へ »