逃す

全て 動詞
1,237 の用例 (0.01 秒)
  • 少女の母親と話をしたとき、私は大切なことばかり聞きのがしていました。 乙一『さみしさの周波数』より引用
  • そしてこの娘のこの虚脱には何という人を逃さぬ魅力があることだろう。 岡本かの子『ドーヴィル物語』より引用
  • それがこの儀式を逃してしまい、大人になることができなかったんです。 牧野修『だからドロシー帰っておいで』より引用
  • やはり自分がぼんやりして、聞き逃したのかもしれないと思ってしまう。 角田光代『幸福な遊戯』より引用
  • ジャクソンのチームが決勝に進んで優勝を逃すのは初めてのことだった。
  • ここは一言も聞き逃してはならじと、僕は黙って相手の話に耳を傾ける。 乾くるみ『リピート』より引用
  • 大きく開いた静かな目が、母親の手の動きを一つ逃さず見まもっていた。 スタインベック/大久保康雄訳『怒りの葡萄』より引用
  • サー・オルヴェンは無理をしてあとで機会を逃すような男ではなかった。 エディングス『エレニア記3 四つの騎士団』より引用
  • 会が始まる前に五人全員揃う機会は、今を逃すともうないかもしれない。 今野緒雪『マリア様がみてる 29 薔薇の花かんむり』より引用
  • だからって、今考えられる最高の女を逃す選択肢は俺にはありませんよ。 林亮介『和風Wizardry純情派 2』より引用
  • 彼は立ち向ってくる者ならば、郷民であろうと何であろうと逃さなかった。 中山義秀『碑・テニヤンの末日』より引用
  • その時期を逃してしまうと、エグみが強くてもう食べる気にはならない。 酒井順子『たのしい・わるくち』より引用
  • だからよほどの大物を釣っても逃してやらなければいけなくなっている。 開高健『私の釣魚大全』より引用
  • 私が美味しいものを食べる機会を逃すなんて,信じられないわけなのだ。 森瑤子『ジンは心を酔わせるの』より引用
  • しかし、今度はオーストラリアにPK戦の末に敗れ本大会出場を逃した。
  • しかし日本シリーズでは広島カープの前に敗れまたしても日本一を逃す。
  • 最後のほうは声が小さくなっていって、聞き逃してしまいそうだった。 奈須きのこ『歌月十夜 36 日向色の日常』より引用
  • それがあまりに普通過ぎて、僕は危うく聞き逃すところだったくらいだ。 西尾維新『猫物語(黒)』より引用
  • 妻の言葉にこもっていた、かすかな疑惑の調子を彼は聞き逃さなかった。 高木彬光『妖術師』より引用
  • これは餌を捕食する際に接着して逃さない効果があると考えられている。
  • 次へ »