逃げ廻る

67 の例文 (0.00 秒)
  • 彼は一体何の目的で警察を煙に巻きながら逃げ廻っているのだろうか。 ...
  • もし大山さんが逃げ廻っていると、もっと恐ろしいことになる筈なのさ。
  • 幼い子供を抱いて、戦火の中を逃げ廻った悲惨な話は数限りなくあった。 ...
  • そしてまた、今でもまだ逃げ廻って、日蔭者でいるものも少なくはない。 ...
  • 馬鹿にされて怒った門弟共の斬り込むのを三次逃げ廻って表へ飛び出した。
  • 新聞記者嫌ぎらいの加藤が逃げ廻れば、逃げ廻るほど、新聞は彼を追った。 ...
  • 広い北海道だし、新井は必死になって、逃げ廻っているに違いないからである。 ...
  • 建物の角をまがると、月明りの中で背の高い男が三、四人、逃げ廻っている。 ...
  • 逃げ廻ったと云うのが身に覚えのある証拠だ。 ...
  • 羽ばたきをして逃げ廻っている鳥の外に、同じ羽色の鳥が今一羽もう蛇にくわえられている。 ...
  • と、いって、一億円の借金で、逃げ廻るというのも、おかしいんです。 ...
  • もう逃げ廻るのはこりごりでしたが、それでもやっぱり自分が出て行く以外ないと決めました。 ...
  • 逃げ廻っていたら、後が悪いだろうと心配していた。 ...
  • それともタヌ君、どうせやられるものなら、一つ死んだ気で逃げ廻ってみようか! ...
  • 一同驚いて逃げ廻るなかを、万之助は血刀を下げ狂ったように妻のとえを探した。 ...
  • どこをどう逃げ廻ったか見当がつかなかった。 ...
  • 村があったころはこそこそ逃げ廻って寄りつけなかったくせに、村の空家を巣にしてやがる。
  • 次へ