逃げ場

全て 名詞
949 の用例 (0.02 秒)
  • 彼の逃げ場となったのは、文学や詩の興奮を教えてくれた祖母であった。
  • どこかいい逃げ場所はないか、やつらが追ってこれないようなところは? P・J・ファーマー『階層宇宙の創造者』より引用
  • 最後の逃げ場はこの森であり、ここに自らをかくすことだったのである。 ロレンス/飯島淳秀訳『チャタレイ夫人の恋人』より引用
  • これでもう逃げ場所はなくなったのだと、奇妙に現実的に感じていた。 乃南アサ『ヴァンサンカンまでに』より引用
  • 自分が徐々に逃げ場のない袋小路に追いつめられているような気がした。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • 残されたパウンダーが時計に投げた視線は、逃げ場を求めるようだった。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『05 決戦! ヴェガ星域』より引用
  • 背中から襲う恐怖と目の前に迫る不安に挟まれて逃げ場を失った気分だ。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • こういう時、逃げ場を求める視線は意外に論理的な動きをするものらしい。 安部公房『密会』より引用
  • 伊織は更に二人から距離を取ろうとするが、もうこれ以上逃げ場はない。 西尾維新『零崎双識の人間試験(全話)』より引用
  • 前後左右を影の男たちに取りかこまれて、ふたりは逃げ場をうしなった。 澁澤龍彦『高丘親王航海記』より引用
  • 三両と、短くなってしまった列車内では、今まで以上に逃げ場がない。 西村京太郎『愛と憎しみの高山本線』より引用
  • 時代は困難となっただけでなく、逃げ場のない閉塞した状況となっている。 浅野誠『ビジネスマンの精神病棟』より引用
  • 女は叱られて逃げ場に窮してそれだけの理由によって来たのではない。 坂口安吾『白痴』より引用
  • この上は本当にも嘘にも、いま声をかけてくれた道一方しか逃げ場がないのだ。 海野十三『深夜の市長』より引用
  • そうこうしている一秒一秒に、 僕たちは少しずつ確実に逃げ場を失っていく。 暁works『るいは智を呼ぶ① 皆元るい』より引用
  • もうどこにも逃げ場はないし、掠奪者の眼は瞬時も獲物からはなれない。 オウィディウス/田中秀央・前田敬作訳『転身物語(上)』より引用
  • 死傷者が続出して混乱し、逃げ場を失った者が多数、谷の下に転落した。 高木俊朗『インパール』より引用
  • コイツはこうやってこの四文字を書くことでしか、逃げ場がなかった。 奈須きのこ『月姫 翡翠 true.txt』より引用
  • 弁の閉鎖によって熟水気は手近な逃げ場を失い、その圧力を上昇させた。 佐藤大輔『皇国の守護者2 名誉なき勝利』より引用
  • あいつにとっての逃げ場は、あの容姿に基づいて生まれたものなのか。 入間人間『電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版』より引用
  • 次へ »