逃げ出す

全て 動詞
2,978 の用例 (0.01 秒)
  • 彼はいつかあなたがいわれたように海外に逃げ出したのかもしれません。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編02 本格推理Ⅱ』より引用
  • 犯人はどうしても邸内から外へ逃げ出すわけはないということになった。 ルブラン・モーリス『奇巌城』より引用
  • 世界の英雄が戦争のときに逃げ出すとは、誰も考えなかったに違いない。 豊田穣『海軍軍令部』より引用
  • 驚いて逃げ出すとき、裸のわたしに爪を立てないようにと思ったのです。 工藤久代『ワルシャワ猫物語』より引用
  • 両親を捨てて、身ひとつで逃げ出さなくてはならなかったようなことが。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • この場から、悲鳴を上げて逃げ出さないでいるだけで限界だというのに。 川原礫『アクセル・ワールド 02 -紅の暴風姫-』より引用
  • 啓太の家から逃げ出そうとしていたともはねは、玄関の前で足を止めた。 有沢まみず『いぬかみっ!02』より引用
  • それはただ、ほかのことから逃げ出すことのできる場所にすぎなかった。 ロレンス/飯島淳秀訳『チャタレイ夫人の恋人』より引用
  • わたしはむしろこの場から逃げ出してしまおうかと思ったくらいでした。 小酒井不木『メデューサの首』より引用
  • 逼塞ひつそくしたこの生活を、死の世界へとはいえ飛んで逃げ出そうとしたのだ。 岩井志麻子『合意情死 がふいしんぢゆう』より引用
  • 決し て逃げ出したりしない心の強さを持った男だと、私は信じている。 安井健太郎『ラグナロク 第01巻 黒き獣』より引用
  • 同じクラスの人間なら逃げ出すところだが、それは小さな女の子だった。 片山憲太郎『電波的な彼女01』より引用
  • 彼はあわててそれを口に押しこみながら、座敷の方に逃げ出そうとした。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 自分で決めて住んだにもかかわらず、何度も青梅から逃げ出そうとした。 深谷忠記『タイム』より引用
  • 近くに妖鬼の姿がないことから判断すると、逃げ出してきたのだろうか? 菊地秀行『魔界都市〈新宿〉』より引用
  • どうしても逃げ出さなくちゃならない、どこかでひとりにならなくちゃ。 ウルフ/中村佐喜子訳『燈台へ』より引用
  • 羽代で大場に反抗して逃げ出しても動きがつかないことはわかっている。 森村誠一『野性の証明』より引用
  • 男はドキッとしたように足をとめたが、逃げ出すわけにはいかなかった。 横溝正史『女が見ていた』より引用
  • 僕はまた、逃げ出す機会がなくつて君がジリジリしてゐるんぢやないか? 牧野信一『妄想患者』より引用
  • 彼はどうかして逃げ出さうと思つて窓を離れて暗い中を反対の方へと歩いた。 田中貢太郎『蟇の血』より引用
  • 次へ »