逃げ

全て 動詞 名詞
34,208 の用例 (0.02 秒)
  • 彼女の手からは逃げつづけていても、自分の子供の顔は見たいのだろう。 佐左木俊郎『猟奇の街』より引用
  • いつの間にか逃げたらしいと云うのですが、わたくしは本当にしません。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • だが、犬はどこへ逃げこんでしまったか、なかなか行方は知れなかった。 海野十三『火星兵団』より引用
  • その勢いに驚いて、あつまっていた虫たちもみんな逃げてしまいました。 夢野久作『がちゃがちゃ』より引用
  • 彼は一体何の目的で警察を煙に巻きながら逃げ廻っているのだろうか。 甲賀三郎『支倉事件』より引用
  • よもやこんな西の方まで逃げてきているとは思わなかったのであろう。 海野十三『少年探偵長』より引用
  • と、たちまち描は二条の放射線となって露路の奥の方へ逃げてしまった。 梶井基次郎『交尾』より引用
  • しかし丘田医師は、あの夜から、どこへ逃げたものか、行方不明である。 海野十三『ゴールデン・バット事件』より引用
  • モンシロチョウはしっかりと結ばれていたので逃げられなかったのです。 大久保ゆう『おやゆび姫』より引用
  • 十六人の女たちは、皆彼の逃げた事も知らないような顔をしていた。 芥川竜之介『素戔嗚尊』より引用
  • 二人の令嬢の言葉によれば、二人の男が何か持って逃げたということです。 ルブラン・モーリス『奇巌城』より引用
  • けれどもみんなわたくしの姿すがたただけでげて行ってしまうのでございます。 楠山正雄『田原藤太』より引用
  • 人と人との闘いに負けて山へ逃げて行くのが現在の僕なのだろうか。 加藤文太郎『単独行』より引用
  • 驚いて、きくと、隣の部屋の女客の著物を盗んで逃げたというのである。 織田作之助『夜光虫』より引用
  • 森をなお、奥の方へ二つの靴が、全力をあげて馳せ逃げたあともあった。 黒島伝治『氷河』より引用
  • 本当に実力がなければ、逃げきる、ことなどが出来る筈はないのである。 坂口安吾『安吾巷談』より引用
  • するとその子の母親が帰って来たので、びっくりして逃げて帰った。 倉田百三『光り合ういのち』より引用
  • 必死になって逃げ行くあとを必死になって、どこまでも追うていった。 織田作之助『夜光虫』より引用
  • しかし気をつけたがいい、お前は逃げないかぎり日本へは帰れないだろう。 海野十三『大空魔艦』より引用
  • そうしてゆうべまた帰って来たかと思うと、今度は母を殺して逃げた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 次へ »