追駈ける

20 の用例 (0.00 秒)
  • 帆村が勇敢にも私の身体を飛び越えて、追駈けていったのがぼんやりわかった。 海野十三『西湖の屍人』より引用
  • 間違を人のするのを跡を追駈けて歩いて居るやうに、吾々の立場から見ると見えるのであります。 森鴎外『仮名遣意見』より引用
  • 蔭沙汰では根津の下廻りのあとを追駈け廻してゐるといふことも聞いた。 三島霜川『昔の女』より引用
  • 何が何やら分らないながら、彼は追駈おいかけてゆく決心を定めた。 海野十三『地球盗難』より引用
  • 追駈ける様なうちの中の騒ぎの声の間々に、静かな麦畑の彼方かなたから水の音がする。 石川啄木『鳥影』より引用
  • 其の跡を追駈けると云ふと、新しく嘘の漢字の辭書を作らんければならぬ。 森鴎外『仮名遣意見』より引用
  • 逃げる輸送船を追駈けていたのです。 海野十三『太平洋雷撃戦隊』より引用
  • すぐ五六名を連れて追駈けてくれ。 ルブラン・モーリス『水晶の栓』より引用
  • ナニ追駈おっかけたって先方むこうはあれだけの物を差してるんだ。 今村信雄編『古典落語(上)』より引用
  • 其キッと堅く結んだ口を、私は、鬼ごツこに私を追駈けた藤野さんに似たと思つた。 石川啄木『二筋の血』より引用
  • 其キツと堅く結んだ口を、私は、鬼ごツこに私を追駈けた藤野さんに似たと思つた。 石川啄木『二筋の血』より引用
  • 夕闇はすっかり蔭が濃くなって、これではもう追駈けてもその甲斐かいがなさそうに見えた。 海野十三『恐怖の口笛』より引用
  • するとうしろから魚戸の声が追駈おいかけてきた。 海野十三『宇宙尖兵』より引用
  • 追駈ける樣な家の中の騷ぎの間々に、靜かな麥畑の彼方から水の音がする。 石川啄木『鳥影』より引用
  • それっきり救援の飛行機も、こっちへ追駈けてこなくなった。 海野十三『空中漂流一週間』より引用
  • いくら珠子さんは美人か知らないが、あれが生れながらの美人なら、それは君のように追駈け廻わす価値があるかもしれない。 海野十三『大脳手術』より引用
  • 日本海軍の一万トン巡洋艦でも追駈けることができますよ。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • 下役の者が持って寄越した歳暮を妻が足袋はだしのまま追駈けて行って返した時の情景である。 原民喜『蝿』より引用
  • 私たちの乘つた船はそれからずんずん南の方に向つたが、天候は雪を交へた雲に追駈けられて海上は荒れ始めた。 佐野昌一『南太平洋科学風土記』より引用
  • 将門はこれをさとつて、貞盛に兎角とかく云ひこしらへさせては面倒であると、急に百余騎をひきゐて追駈けた。 幸田露伴『平将門』より引用