追廻し

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 筆が自分以外のものに導かれ追廻されている恰好かっこうだったからだ。 ...
  • お秋 なあに、例のお初ちやんさ、あの人を追廻してゐる人なの。
  • 何でも出来ると言つてゐる口の下から、初ちやんなどを追廻してゐるのを恥かしいとは思はないの?
  • 追廻おいまわし馬場と騎射馬場とで馬廻組の騎馬訓練が行われているのだ。 ...
  • しかし、内面は火の車で金をもつと工面しなければ上演できないし債権者には追廻される。 ...
  • 出資婦人達はオスワルド・モーズレイ一族みたいに写真班に追廻されないというだけの違いでやはり南フランスの海岸でも歩いているのである。 ...
  • 親潮に乗って北へ帰る鯨群を追廻していた北海丸は、日本海溝の北端に近く、水が妙な灰色を見せているあたり時化しけの中へ捲き込まれてしまった。 ...
  • この男はグウボオの所有地の外れの炭焼小屋に住んでいて、牛飼娘の尻を追廻すという評判で、年中酒浸りで、おまけに先生を馬鹿にしていたのだ。 ...
  • 赤い鼠がそこまで追廻したものらしい。 ...
  • AはB宅の外の道路にまで逃げたBを追廻し、首や腹に11カ所の刺し傷や切り傷をおわせた。
  • この眼鏡を借りて、蛸退治をのぞく時は即ち光は分解して虹となり、無数の蛸は無数の大将に追廻されるのである。 ...
  • 飛去りもせずにいる小鳥をつかまえるつもりもなく捉えようとして、谷川の石の間を追廻すうちに、何時いつの間にか彼の手にした洋傘こうもりは小鳥の翼を打ったことがある。 ...
  • 一山の大衆は、面白半分にこの犬を追廻すのであります。 ...
  • 山の幹部連中は前の晩から十何里へだたった汽車の着く町迄出迎でむかえに出かけて居る、留守は上飯台の連中が、取片付けに吾々を追廻し乍らも、口では夫れとなく、裏切りをすれば生命は無いぞと脅すのを忘れなかった。 ...
  • 以来私は、鳩を追廻したり、屋敷附農奴の腕白ども相手に跳越遊びをしたりしながら、餓鬼大将としての日を送っていた。 ...
  • 米沢藩では、藩主在国の時は毎年正月に、追廻し馬場で鉄砲を上覧するのが恒例となっていた。 ...
  • すると、旦那様は大した御立腹で、掴掛つかみかかるような勢で奥様を追廻したというんです。 ...