追ッテ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 追っ手の姿が完全に見えなくなった時点で、彼女は走るのをやめていた。 ...
  • みるみる後ろから近づいてくるのに、どうする事もできない追っ手の影。 ...
  • 確実に学園都市の追っ手から逃げ切るためのルートが、一つだけあった。 ...
  • 一説では、出家するもまもなく追っ手の兵士の手で殺害されたともいう。 ...
  • 鈴木と二人の追っ手は、適度な距離を保ちながら反対方向へ歩いている。 ...
  • 所長は安全な距離をおいて立ち止まり、追っ手の戦士が来るのを待った。 ...
  • 人里離れていたことが幸いして、追っ手はすぐにつかないようだった。 ...
  • 一度は坂戸の実家に戻るが、大正楼からの追っ手が来たため大阪に逃亡。 ...
  • 追っ手のあとをあとをと行くことになるから、大丈夫東京へ這入られる。
  • 街から脱出しようとするも、多くの追っ手の影があちこちに出没する。 ...
  • それが原因で大谷主水は血風党の追っ手に発見され、殺されてしまう。 ...
  • 別のソフトを使えば、背後から来る追っ手を攻撃することもできます。 ...
  • すぐそばまで追っ手がせまっていると信ずべき理由があるんだからね。 ...
  • 追っ手かもしれなかったが、それにしては見事にマークしていた。 ...
  • 追っ手に何度も発見されそうになったが、そこはそれ、自分の船だ。 ...
  • 彼女がそこに達することができれば、追っ手から逃れられるかもしれない。 ...
  • 自分の足をまず確保、と同時に追っ手の足はなくなるわけである。 ...