追い駆ける

29 の用例 (0.00 秒)
  • どうも、三毛猫を追い駆けたいがこの場を離れるのも気が引けるらしい。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第06巻』より引用
  • こんな郊外までJOAKが追い駆けて来ようとは思わなかったのであった。 寺田寅彦『路傍の草』より引用
  • ぼくはなにか困った悪夢のなかで追い駆け廻されているかのような気がした。 ペトロニウス/岩崎良三訳『サテュリコン』より引用
  • 荷物を前に転がしておいてかかとで滑りながら、全速力で追い駆けたのです。 メリメ/江口清訳『カルメン』より引用
  • 誰の背後にも張飛の形相が追い駆けてくるような気がしていた。 吉川英治『三国志』より引用
  • 追い駆けていた蒸気艇は途中で座礁し、巡洋艦へ戻らざるを得なくなった。
  • ただその変容は、どうも東京のあとを追い駆けているという印象をぬぐいえない。 姉小路祐『動く不動産』より引用
  • カメラのレンズが太陽を追い駆けた時のように、まばゆい月の周りに光の輪が生まれる。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第04巻』より引用
  • すると、彼の後から、まだ乞食の子供がしつこく追っ駆けて来ているのに気がついた。 横光利一『上海』より引用
  • いったい、こんな惨めになってまで、なお追い駆ける必要があるのか。 渡辺淳一『シャトウ ルージュ』より引用
  • 犬が野うさぎを追い駆けてでもいるような声だった。 ペトロニウス/岩崎良三訳『サテュリコン』より引用
  • 重たい剣をかついでいるのに鳥みたいな速度で追い駆けてくる。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第07巻』より引用
  • 現実の少女の美を追求する、と言っても、実際に追い駆け回すわけじゃないですよ。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 最後にインデックスが二人の視線を目で追い駆けた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第07巻』より引用
  • 当然ながら、人間の目は飛び交う弾丸を追い駆けられるほど高性能ではない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第06巻』より引用
  • そう感じたミヨコは、二人から離れ公園の鳩を追い駆け回した。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • そしてその後をわれわれ三人が追い駆けた。 鮎川哲也『朱の絶筆』より引用
  • 人間が人間を追っ駆け回す場面、人と人とが切り合う場面が全映画の長さの少なくも五割以上を占めているような気持ちがした。 寺田寅彦『映画雑感(Ⅲ)』より引用
  • それに比べていまは、自分を見限った女を追い駆けている、ただの負け犬にすぎない。 渡辺淳一『シャトウ ルージュ』より引用
  • いまだに後から何かが追い駆けて来るような心地で、私はどんどん銀座の方へ逃げ伸びました。 谷崎潤一郎『痴人の愛』より引用
  • 次へ »