追いやる

全て 動詞
520 の用例 (0.00 秒)
  • おそらく今でも読まれないまま机のすみにでも追いやられているのだろう。 阿智太郎『僕の血を吸わないで1』より引用
  • それでも私としてはあの男を絞首台こうしゆだいへ追いやる気にはなれませんでした。 ドイル『覆面の下宿人』より引用
  • 真実を証言するということは、それほど人を苦痛に追いやるものなのか。 読売新聞大阪社会部『逆転無罪 少年はなぜ罪に陥れられたか』より引用
  • 部長は椅子いすに腰を下ろすと、机の隅に追いやっていた書類を再び広げた。 今野緒雪『マリア様がみてる 25 大きな扉 小さな鍵』より引用
  • わずかに一枚のカードの差が、決定的な敗北へと自分を追いやっている。 冲方丁『マルドゥック・スクランブル The Third Exhaust 排気』より引用
  • この時までに三者連合軍は多数の犠牲者を出し、壊滅状況に追いやれた。
  • 昨夜、無理にこの城に追いやられたあとでは、ひとつ安心できることだ。 ピアズ・アンソニイ『魔法の国ザンス01~カメレオンの呪文~』より引用
  • 後ろでおそらく不機嫌ふきげんそうにしているホロのことは頭のすみに追いやった。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅱ (電撃文庫)』より引用
  • 彼をこのような行為にまで追いやったほどの事件とは、一体なんであろう? ナポレオン・ソロ・シリーズ『02 最終作戦』より引用
  • 多くもない労働者が、機関銃の前の決死隊のように、死へ追いやられた。 葉山嘉樹『労働者の居ない船』より引用
  • 気流は嵐の影響を受けて、時速五六キロの速さで彼らを追いやっていた。 ヴェルヌ/江口清訳『気球旅行の五週間』より引用
  • 何がこの男を死に追いやったか、はっきりしたことは何も言えません。 ホーガン『星を継ぐもの』より引用
  • 三年前、彼女を除隊に追いやってしまったのは、ある意味で僕の責任だ。 松岡圭祐『千里眼 The Start』より引用
  • ぼくのことを愛しているのに、そのぼくを危険に追いやろうっていうのだ。 ヴェルヌ/金子博訳『地底旅行』より引用
  • あなたは頭のおかしい人間として、社会の片隅に追いやられてしまうわ。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • しかし今度も、一部の権力者がソクラテスを死刑に追いやってしまった。
  • おまえと徹夫のほうを見て、道の脇に追いやったのをびるように笑う。 重松清『疾走(上)』より引用
  • こういう哲学は真実かもしれないが、人を死に追いやる性質のものだった。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • 外的な力で死に追いやられるのではなく、死はわが手のなかにあるのです。 柳美里『自殺』より引用
  • 自分は少年たちを死に追いやった者たちを決して許すことはできない。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 09 九州撤退戦・下』より引用
  • 次へ »