迹方

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • 一定の時が経つと、憎悪後悔の念が迹方あとかたもなく胸にぬぐい去られて、女はまた新しいもののように笹村の目に映った。 ...
  • 翌朝になると早速さっそく裏木戸や所々ところどころと人の入った様な形跡あとを尋ねてみたが、いずれも皆固くとざされていたのでその迹方あとかたもない、彼自ら実は少し薄気味悪くなり出したが、女子供に云うべき事でもないので家人へは一言いちごんも云わずにいた。