迷惑千万

全て 名詞
113 の例文 (0.01 秒)
  • 頭を下げてから、実に迷惑千万な状況の中で吉野の家の呼び鈴を押した。 ...
  • それよりも妾には真一がここで死んでいることが迷惑千万であったのである。 ...
  • たしか、彼女の訪問は、ホームズにとって迷惑千万なものだったと思う。 ...
  • てもさても迷惑千万めいわくせんばん、いかにくらがりとはいへ、こゑいろでもわかるであらう。 ...
  • 女性のこうしたモノに対する執着心は、男にとっては迷惑千万だろう。 ...
  • 店の方では叮重ていちょうなつもりかも知れぬが、忙しい人間にとっては迷惑千万である。 ...
  • それを今になって、僕が誘惑したかのように云われるのは甚だ迷惑千万である。 ...
  • 三井にかぎらず明治革命の嵐は、どの富商たちにとっても迷惑千万であった。 ...
  • これが、多い時には二十件程度もかかってきたというから、確かに迷惑千万である。 ...
  • それにしてもお宅にとっては迷惑千万な話だね。 ...
  • しかるに猴は迷惑千万にもつねに眼を病むと十年ほど前の『大毎』紙に出た。 ...
  • 中風などで、長くねていられては、第一に周囲の者が迷惑千万。 ...
  • 野次られるほうは迷惑千万にちがいないが、ほかの人間にとってはなかなか楽しい晩になりそうだった。 ...
  • 軍人はなやかなりし頃なら光栄ともいへるが、迷惑千万なはなしである。 ...
  • ブランディッジにへんにまた騒ぎ立てられるのは、彼らとしても迷惑千万だった。 ...
  • 近頃では、迷惑千万とでも言いたげな視線が声の主よりもまず涼孤ジャンゴに集中する。 ...
  • 関根なにがしは迷惑千万な男だが久保どののお使い、粗末には出来んからの。 ...
  • 次へ