迷い鳩

12 の用例 (0.00 秒)
  • 記念すべき第一作となった「迷い鳩」の中で、お奉行は次のような話をしている。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • 迷い鳩の面倒をみていたんだもの。 宮部みゆき『かまいたち』より引用
  • この超能力テーマを時代小説の中で展開したのが、本書に収録された「迷い鳩」「騒ぐ刀」の連作である。 宮部みゆき『かまいたち』より引用
  • 初出では、「迷いばと」と「騒ぐ刀」は平成三年の作品ということになっておりますが、この二作も、原型となった初稿を仕上げたのは、それぞれ昭和六十一年、六十二年のことでした。 宮部みゆき『かまいたち』より引用
  • 初期作品をまとめた『かまいたち』に「迷い鳩」と「騒ぐ刀」が収録されているが、この二作ですでにお初は活躍している。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • また、「迷いばと」は発表こそ「別冊歴史読本」九一年八月特別増刊号であるものの、初稿の執筆時期はデビュー前の八六年、「騒ぐ刀」も同じくデビュー前、八七年の第十一回歴史文学賞候補作となったものである。 宮部みゆき『かまいたち』より引用
  • 愛好家が品種改良や訓練を行うことを農林水産省が統轄する使役動物となっており、脚環の装着と所有権登録、迷い鳩の引き取り、ワクチンの接種などが義務化されている。
  • 呼称も伝書鳩からレース鳩へ移り、主にスポーツとして開催されるへ参加するため、愛好家が品種改良や訓練を行うことを農林水産省が統轄する使役動物となっており、脚環の装着と所有権登録、迷い鳩の引き取り、ワクチンの接種などが義務化されている。
  • この書き集めたものが根岸鎮衛著の随筆「耳袋」であり、「迷い鳩」では題名の命名者をお初として設定している。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • そして、このシリーズの原型は、一九九二年一月刊行の作品集『かまいたち』に収録されている「迷い鳩」「騒ぐ刀」の二つの短編である。 宮部みゆき『天狗風 霊験お初捕物控〈二〉』より引用
  • 作品集『かまいたち』の「あとがき」によると、「この作品集に収めてある中短篇四作は、私の、非常に初期の作品たち」であり、「迷い鳩」の「原型となった初稿を仕上げた」のは一九八六年のことであった、という。 宮部みゆき『天狗風 霊験お初捕物控〈二〉』より引用
  • 迷い鳩もときたま見かけますねんわ。 服部真澄『清談 佛々堂先生 わらしべ長者、あるいは恋』より引用