迷い込み

全て 動詞
86 の用例 (0.00 秒)
  • 森の中で見つけた絵の中に迷い込み、そこから脱出するというストーリー。
  • 異世界へと迷い込み、重大な使命を負うことになった少年の成長を描く。
  • その一方で何度か人ならざるものと一緒に別の世界に迷い込みそうになるという経験をしている。
  • さらに幾年かののち、彼はある広い広い森の中に迷い込みました。 豊島与志雄『魔法探し』より引用
  • クリストフはあるとき、森の中に迷い込み、またまでも雪の中に埋まった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • ますます怪しい方角へ迷い込み、駅へ帰る道もわからなくなってしまった。 森村誠一『棟居刑事の断罪』より引用
  • 携帯電話を持って現れた男性が次々と映画の世界に迷い込み、映画の中の女性に恋をしていくストーリー。
  • そして、木立の中へ迷い込み、一対二のり合いを見物することになった。 池波正太郎『剣客商売 11 勝負』より引用
  • 夢をみる為には、夢の迷路に迷い込み、もはや現実に戻らない覚悟が必要です。 嶽本野ばら『それいぬ 正しい乙女になるために』より引用
  • 幼いみち子はよく道に迷い、路地裏に迷い込み、二人を呼んで泣いた。 岩井志麻子『夜啼きの森』より引用
  • どうも、そんな意味もない領域へと思考が迷い込み、最後は同じところで堂々巡りをするのだった。 森博嗣『少し変わった子あります』より引用
  • そのおかげで皐月は大きく街道を外れて冬山に迷い込み、そこで大変な目にあった。 田辺青蛙『生き屏風』より引用
  • そのそばの通路まで迷い込み、3m近い高さのコンピューターの陰にへたり込んでいかのだ。 赤松中学『緋弾のアリア 第02巻』より引用
  • この森へ迷い込み、京也たち同様、死霊の虜になって餓死した亡者アン・デッドたちだ。 菊地秀行『魔界都市〈新宿〉』より引用
  • 実は、浜崎は米軍のイージス艦に迷い込みハワイへ向かっていた。
  • そうしているうちに、カービィは世界のへそという地下世界へ迷い込み、冒険が始まる。
  • 冒険者の誰もが一度はこの部屋に迷い込み、対転移マピロ・マハマ・ディロマトの呪文で城に送り返された経験を持つという、迷宮の中では最も有名な人物の一人である。 ベニー松山『隣り合わせの灰と青春』より引用
  • 自宅近所の配送センター内のコンテナに迷い込み、そのまま貨物船で大西洋を渡ってフランスまで行ったとみられている。
  • 宮ノ下さつきたちは学校の旧校舎に迷い込み、そこで妖怪たちに襲われてしまう。
  • このセンを追いかけて行くと、得体の知れぬ暗黒の世界へと迷い込みそうな予感だ。 内田康夫『遺骨』より引用
  • 次へ »

迷い込み の使われ方