迷い込ま

全て 動詞
9 の用例 (0.00 秒)
  • これが伊東忠介を世田谷の奥に迷い込ませた理由ではなかろうか。 松本清張『球形の荒野 新装版(下)』より引用
  • 本来の計画では、この列車ごと軍用路線に迷い込ませて、あとはどうとでもするつもりだったんじゃないかしら。 時雨沢恵一『リリアとトレイズⅥ 私の王子様〈下〉』より引用
  • ベアトリーチェの話ってのは、俺の認識では、森に子どもたちが迷い込まないようにってんで作った、大人の脅し話だってことになってんだが。 竜騎士07『うみねこのなく頃に Episode 1 The Legend of the Golden Witch [A3879D13]』より引用
  • このため、境界領域での人口増加が進んでおり、一部地域ではゾウなどが農地に迷い込まないように通電させた防壁を設置している場所もある。
  • おれを自分の家に迷い込ませ、だれかに発見させるという計画が見事に図に当たったので、満面に喜色きしよくあふれている。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • 捕えられて間もなく、トムは、仲間に自分たちのいるのがアフリカであること、ネゴロとハリスに欺かれて奥地に迷い込まされ捕えられてしまったことなど、彼の知っている事実をすべて話して聞かせていた。 ヴェルヌ/土井寛之・荒川浩充訳『少年船長の冒険』より引用
  • ハリーは枕を叩いてもっと心地よい形に整え、自分の想いがジニーの近くに迷い込まないように必死に努力しながら、眠気が襲うのを待った。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 06a ハリー・ポッターと謎のプリンス(上)』より引用
  • 天が、飢餓きわまった城兵をあわれんだか、山中に、三十ぴきあまりの狼の群を迷い込ませたので、一時のしのぎになったのである。 柴田錬三郎『(柴錬立川文庫3) 柳生但馬守』より引用
  • かの神学的揣摩臆測しまおくそくや、かの独断的戒律、並に定義は、一意光明を求むる、あわれなるものどもを苦しめ、惑わせ、かれ等をして、ますます無智と迷信の雲霧うんむの中に迷い込ましむる資料としか思われない。 モーゼス・ウィリアム・ステイントン『霊訓』より引用