迷い続け

34 の用例 (0.00 秒)
  • だが、かえって迷い続けていた気持ちのほうは、不思議に整理がついた。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 小夢ちゃんが背中を押してくれなければ、まだ迷い続けていたはずだ。 梶尾真治『精霊探偵』より引用
  • トイレにでも隠れたほうがいいのかどうか、しばらくのあいだ迷い続けた。 久美沙織『SPEAK EASYの魚たち』より引用
  • 指を一番最初のダイヤルの上に置くその瞬間まで、東野は迷い続けた。 沢木冬吾『償いの椅子』より引用
  • この一週間迷い続けていたことに、マリエの手紙を読んで決心がついたのだった。 荻原規子『西の善き魔女2 秘密の花園』より引用
  • 東京に戻ってきた後も、私は彼の喉仏をどうしたらいいものか、迷い続けていた。 篠田節子『レクイエム』より引用
  • だからきっと、あれから流れた二百年の間、自分はずっと迷い続けているのだろう。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ03 琥珀の画廊』より引用
  • 迷い続けていた私の所へ、横井氏の弟がたずねて来たのです。 高木彬光『幽霊西へ行く』より引用
  • 私は迷い、迷い続け、判断能力を一時的に失い、そのあいだに天吾は去っていった。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • だからこそ、こんなにも長い時間をかけて、迷い続けているのだろう。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第06巻』より引用
  • どうしてぼくらは、夜の世界で迷い続けるのだろう。 野村美月『文学少女シリーズ05 “文学少女”と慟哭の巡礼者』より引用
  • ここに来ることを迷い続けていた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス12 ブラック・アラベスク』より引用
  • ずっと道に迷い続けていた、彼女が言うと。 西尾維新『化物語(下)』より引用
  • きのうから迷い続けているのだが、どうしても電話に手が伸びず、テーブルの下の新聞を取出した。 佐木隆三『旅人たちの南十字星(「逃亡射殺」に改題)』より引用
  • 「阿南さん自身が迷い続けていたと思います」と、林は語る。 角田房子『一死、大罪を謝す』より引用
  • 十年以上、迷い続けた理由なのだから。 西尾維新『傾物語』より引用
  • 卒業後もずっと、会社員になり済そうか、それとも文学で身を立てようかと、それを迷い続けてきた。 豊島与志雄『或る男の手記』より引用
  • もう長いこと迷い続けていた。 鷺沢萠『海の鳥・空の魚』より引用
  • ずっと迷い続けていたのだ。 谷川流『涼宮ハルヒの動揺』より引用
  • つまり、マモーや戦士たちは、自分たちの捕虜が思わぬ能力の持ち主であることを発見して驚き、そしてそれを賞讃しようさんする一方で迷い続けてもいるのだ。 川又千秋『火星人先史』より引用
  • 次へ »