迷いが消え

13 の用例 (0.00 秒)
  • 古い迷いが消えたよろこびのほうが大きいのであろう。 陳舜臣『秘本三国志 05 (五)』より引用
  • くすっとアオイは微笑み、その瞬間に迷いが消えたことに気づいた。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第08巻』より引用
  • 藤田はそんな中で『剣客商売』に出会い、迷いが消えたと述べている。
  • 迷いが消え、全身が強いエネルギーで満たされてきた。 ベニー松山『隣り合わせの灰と青春』より引用
  • そのことで殺すことへの迷いが生まれてしまい、迷いが消えぬうちに日本に派遣されるが、ほどなく日本支部は対抗組織の雇った者により壊滅してしまう。
  • 迷っていたところ、入団交渉のため名古屋のホテルで会った同郷の川上哲治監督と対面した際に「熊谷組は本業の仕事があり次に野球だが、うちは野球で君を欲しいと思っている」と言われたが、仕事として野球を選んだわけではないと考えていた小林はこの言葉で迷いが消え、断る決心がついたという。
  • 全ての迷いが消えた。 片山憲太郎『紅 第01巻』より引用
  • 一切の迷いが消えた。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • 最終的には大泉が「何の不満もありません」「迷いが消えました」と訴え、午前3時にようやく藤村Dを退室させた。
  • ダイヤルを始めると迷いが消えた。 沢木冬吾『償いの椅子』より引用
  • ガリオンの顔から迷いが消えて、冷酷な表情がうかびでた。 エディングス『マロリオン物語02 熊神教徒の逆襲』より引用
  • いったん意を決すると、迷いが消えた。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 冒頭のはじめの4音に A-D-E-F というこの歌曲の最初の4節冒頭の音を置いてこの詩を暗示し、コーダ近くのハープをともなう旋律は「かくて苦しみぬいた私の魂から 数々の迷いが消えて行き はじめのころの清らかな日々の幻想が 心の内に湧き上がる」の伴奏部の引用である。