迷いあぐね

5 の用例 (0.00 秒)
  • 迷いあぐねた末、することといってもただ部屋の中をぐるぐる歩き廻ることしかなかった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 映子はそれでも一週間ほど迷いあぐねた末、ついに数日前、安井に電話をかけた。 鷺沢萠『海の鳥・空の魚』より引用
  • 迷いあぐねている玲に向かって、姉は哀れむように微笑んでいる。 坂東眞砂子『蛇鏡』より引用
  • その日の夕方、しばらく迷いあぐねたすえ、サスケの食事にはもはや薬は混ぜいれなかった。 藤堂志津子『熟れてゆく夏』より引用
  • 迷いあぐねているうちに、サヴォワの少年プティ・ジェルヴェの持っていた銀貨40スーを結果的に奪ってしまったことを司教に懺悔し、正直な人間として生きていくことを誓う。