返す返す

全て 副詞
98 の用例 (0.01 秒)
  • 最後までここにいてくれなかったことが、返す返すも残念でならないわ。 荻原規子『西の善き魔女2 秘密の花園』より引用
  • 彼はおのれの間抜けたりとも知らで、返す返すも人の上を思ひてまざりき。 尾崎紅葉『金色夜叉』より引用
  • こんな男にくれてやるために彼女に手をつけなかったとは、返す返すも残念だった。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • そんなきみとこうして敵対することになってしまったのは返す返すも残念なことだ。 西尾維新『刀語 10 第十話 誠刀・銓』より引用
  • それは返す返すも見物を軽く見てでなく、それは尤もだといふ気持がするんです。 岸田国士『対話』より引用
  • あの朝自分が母屋にいなかったのが、返す返すも不覚だったなんてことをね。 夏樹静子『女検事 霞夕子 螺旋階段をおりる男』より引用
  • 返す返すお詣りのやまりましたことを私どもも残り惜しく思っております。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 噫々ああ今にして花火線香の玉を消したことは返す返すも残念でならない。 青柳喜兵衛『夢の如く出現した彼』より引用
  • なぜこんな、心ぼそい邸になど泊まったのかと、返す返すもくやまれる。 田辺聖子『新源氏物語』より引用
  • 馬鹿正直に納得してしまった自分に、返す返すも腹が立つ。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.4 「煉獄の炎」』より引用
  • この両者がこの際はからずも合して一となったのは、今から考えて見ても返す返す残念である。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用
  • 私がこの世で最も愛し畏敬する方と、こんなに遠く離れていることを返す返すも残念に思います。 モーツァルト/服部龍太郎訳『モーツァルトの手紙』より引用
  • それをうっかり気がつかずに引張り込まれたなぞは、返す返すもドジだ。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 御衰弱あそばされた院は東宮のことを返す返す帝へお頼みになった。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 返す返すも言いますが時間の勝負なのです。 沖田雅『先輩とぼく 00』より引用
  • そういうことにかけてはおそらく日本人がいちばん長じているはずだと思われるのに、その長所を利用しないのが返す返すも残念なことである。 寺田寅彦『映画雑感(Ⅲ)』より引用
  • 返す返すも彼の目線は今、床の高さと同じ位置にある。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 01』より引用
  • 誰でも読める形で収録できないのは、返す返すも残念です。 富田倫生『本の未来』より引用
  • 祈角夢の話を書きながら、その一句を忘れてしまつた事は、返す返すも遺憾である。 芥川竜之介『着物』より引用
  • かえがえすも勝氏のためにしまざるを得ざるなり。 石河幹明『瘠我慢の説』より引用
  • 次へ »