近頃

全て 名詞 副詞
5,768 の用例 (0.02 秒)
  • 日本は何処へ行つても日本だといふことを私は近頃ますます強く感じる。 岸田国士『地方文学の曙光』より引用
  • 近頃というよりもむしろ大阪から帰ってのちという方が適当かも知れない。 夏目漱石『行人』より引用
  • 近頃こつちではこんな小説を高等探偵小説と名付けることになつてゐる。 森林太郎『病院横町の殺人犯』より引用
  • 近頃お桐の顔を見たことがなく、又言葉をかはしたことも殆どなかつた。 加能作次郎『厄年』より引用
  • 近頃また電気の熱で勝手な形の瓶などを作る法が発明されたそうである。 寺田寅彦『話の種』より引用
  • 彼が近頃は酒を飲むと云つて母や道子は大変に心配してゐるらしかつた。 牧野信一『凸面鏡』より引用
  • そんなわけですから、近頃は人の集まる処へは出ないことにしています。 小金井喜美子『鴎外の思い出』より引用
  • 仏教の偉大なる文学ということに西洋人が近頃眼を付け出したのである。 高楠順次郎『東洋文化史における仏教の地位』より引用
  • 母は賃仕事ちんしごとなどをしていたが、それも病身で近頃はやめていると言った。 岡本綺堂『両国の秋』より引用
  • シャク自身にしても、自分の近頃してゐる事柄の意味を知つてはゐない。 中島敦『狐憑』より引用
  • 馬吉のオカカは、どうも近頃アネサの様子が変だと思っていたのである。 坂口安吾『落語・教祖列伝』より引用
  • その洋服も近頃は大抵は着ずに冬も夏も一着のルパシュカだけ着てゐる。 土田杏村『私の書斎』より引用
  • 俊夫君の名が高くなったので、近頃は日に二三人の事件依頼者があります。 小酒井不木『紅色ダイヤ』より引用
  • 私は秋の期節きせつになると近頃よくこんな事を考えさされるのである。 小出楢重『めでたき風景』より引用
  • 英語のSが音樂の女教師と近頃よく連立つて歩いてゐるといふ噂のこと。 中島敦『かめれおん日記』より引用
  • 私は秋の季節になると近頃よくこんな事を考えさされるのである。 小出楢重『油絵新技法』より引用
  • 近頃のことはわからないけれども、私がやった頃は二、三千万円でできた。 小林一三『宝塚生い立ちの記』より引用
  • 時に近頃隣の方が大分騒がしいが何でも華族か何かがやって来たようだ。 正岡子規『墓』より引用
  • 近頃の日本の広告美術家達は画家達よりもモダンの尖端に立っています。 小出楢重『油絵新技法』より引用
  • 弟カルルよ、近頃お前が私に示してくれた好意に対しては特に礼をいう。 ロラン・ロマン『ベートーヴェンの生涯』より引用
  • 次へ »