近江坂田

14 の用例 (0.00 秒)
  • 文化7年近江坂田郡勝村に生まれ、字は子接、通称は源吾と称した。
  • 慶長5年の関ヶ原の戦いでは西軍に属して所領没収となったが、徳川家康に接近していた為、後に近江坂田郡柏原に知行を得た。
  • 天正19年に近江蒲生郡で250石、文禄2年に近江坂田郡で300石を加増された。
  • 一方で、一豊の母法秀院も枡をまな板として利用したと言われており、法衆院が出家後寓居していた近江坂田郡宇賀野村の長野家が所蔵している。
  • 翌応仁2年には鷗隣斎に仮寓したのち、近江坂田郡大原荘内の正伝庵へ移る。
  • 白木屋創業者である初代大村彦太郎は、寛永13年近江坂田郡長浜村に生れた。
  • 泉亮之は、天保9年1月11日に近江坂田郡息郷村の泉孫右衛門の長男に生まれ、幼名を豊次郎と称した。
  • 高い文章力と歴史調査力を買われ、1905年「柏原村誌」編纂の依頼を受け完成させ、1907年「近江坂田郡志」編纂の常務委員から編纂責任者となり1913年に完成させると、高い学術性を評価され、滋賀県内の多くの地方史編纂に携わることになった。
  • 近江坂田から迎えられ入内し、藤原宮に住んだが、皇后の嫉妬を理由に河内の茅渟宮へ移り住み、天皇は遊猟にかこつけて衣通郎姫の許に通い続ける。
  • はじめ斎藤道三、次いで織田信長に仕え、近江坂田郡に3000石、ほかに2000石の合計5000石を与えられた。
  • 宝暦8年、近江坂田郡国友村に生まれ、幼時から漢学を学び、成人後は小室藩の茶頭を務めていた冨岡友喜から遠州流茶道の奥義を究めた。
  • 天保10年8月16日、近江坂田郡長浜宮町の薬種問屋商若森彦右衛門と母田中氏との3男として生まれ、幼名得御寅吉と言う。
  • 天文年間、近江坂田郡に朝妻城を築く。
  • 近江坂田郡能登瀬村に生まる。