近江国坂田

30 の用例 (0.00 秒)
  • 広姫の御陵は近江国坂田郡にある息長陵とされ、宮内庁の管理下にある。
  • 後に近江国坂田郡加田村に移住して地侍となった。
  • 佐々木高綱の子孫で近江国坂田郡大野木城に住して大野木氏を称したとする。
  • 新当主である三法師は近江国坂田郡と安土城を相続し、秀吉には山城国が与えられた。
  • 中世中期から近世初期にかけて、近江国坂田郡の佐和山に存在した日本の城である。
  • また近江国坂田郡大野木城に住して大野木氏、大八木氏を改姓した子孫も存在する。
  • 政一は、天正七年近江おうみ国坂田郡小堀に生れ、二十二歳で備中松山城を預かった。 井伏鱒二『小説日本芸譚』より引用
  • 近江国坂田郡中村の下阪篁斎の第6子として生まれる。
  • 坂田宮は古くから「坂田大神宮」とも称し、近江国坂田郡の総社として信仰を集めた。
  • 古代近江国坂田郡を根拠地とした豪族である。
  • 近江国坂田郡中村の下坂篁斎の子として生まれる。
  • 本居宣長の国学に興味を持ち、天保12年に近江国坂田郡志賀谷村に私塾・高尚館を開いた。
  • 為朝は逃亡を続け近江国坂田の地に隠れた。
  • 文箱を託された田中孫作は近江国坂田郡高溝村の出身で、誠実な人柄であり、この密書の話は、孫に語って聞かせたものとされている。
  • その後、逃亡していた源為朝を自らの所領に近い近江国坂田付近で捕縛し、その功績によって右衛門少尉に任じられた。
  • 近江国坂田郡を根拠地とする地方豪族・息長氏の出身とも伝えられる平安時代前期の法相宗の僧であり、日本で唯一の三蔵法師である霊仙を、名祖とする。
  • 近江国おうみのくに坂田郡といえば琵琶びわ湖の東北隅にあたり、伊吹いぶき山から出る姉川が作る小平野だが、ここに国友くにとも村という村がある。 山田風太郎『忍法行雲抄』より引用
  • 元亀2年、近江国坂田郡において浅井氏と戦い700貫となる。
  • 天文9年、小堀正房の長男として近江国坂田郡小堀村に生まれ、出家したが還俗して磯野員昌の娘と結婚した。
  • また、戦国時代、近江国坂田郡鎌刃城主で浅井氏に仕え、のち織田信長に仕えた堀秀村という人物もいる。
  • 次へ »

近江国坂田 の使われ方