近世初頭

131 の用例 (0.00 秒)
  • また、近世初頭においてもこの島に人が居住していたとされる文献がある。
  • その後近世初頭に入り、旧伽藍内に再建されたのが当寺とされる。
  • この書は近世初頭における世界の情勢のなかで日本の状況・境位を考察したものである。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (前編)』より引用
  • 書院造は、日本の室町時代から近世初頭にかけて成立した住宅の様式である。
  • これは近世初頭のヨーロッパの尖端を綜合した仕事といってよい。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (前編)』より引用
  • しかし、これは近世初頭ゆえに「地車」とセットでの演奏である。
  • また島の周辺は近世初頭から好漁場となっており、かつては漁業争論も起きた。
  • 近世初頭の城下町において、侍町を惣構えの外に置くことはまず考えられないからである。
  • この成立年代を考えるならば、小辺路の名は早ければ戦国時代末期から近世初頭には知られていたことが推測できる。
  • 近世初頭に入ると、低湿地や高燥地の開発が始まり、現在の様子に近くなったとされる。
  • 本堂氏は、中世から近世初頭にかけて出羽国山本郡の小領主である。
  • 近世初頭には魔女狩りも流行し、その被害者はたしか、十万人を超えたのではなかったか。 樋口有介『魔女』より引用
  • 本像は当初からの本尊ではなく、近世初頭に本堂が再興された際に本尊とされたものと考えられている。
  • 中世後半から近世初頭には八幡の地は北部から南東の一部にかけてを北庄、北西の一部から南部にかけてを大道と言った。
  • 五條は中世末に町場が形成された地区であり、その西の新町は近世初頭に城下町として新たに形成された地区である。
  • 歴史的には中世末期にいずれもブルゴーニュ公国の支配を受け、近世初頭にはともにハプスブルク家領に入っていた。
  • 幕府直轄領である甲斐国では近世初頭に中世以来の地域区分を元に筋による行政区画が設定され、九筋二領の地域区分が成立した。
  • 当郡は近世初頭まで存続したが、寛文4年5月13日に名東郡に併合された。
  • 後に近世初頭に徳川氏の臣・牧野氏が入り城主になった。
  • 当時、近世初頭の敷地割と江戸時代から明治時代の商家が数多く残る中心街は、宇陀市の都市計画によって定められた伝統的建造物群保存地区であり、宇陀松山伝統的建造物群保存地区の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。
  • 次へ »