近づける

全て 動詞
1,568 の用例 (0.01 秒)
  • 背の高い人物は帽子の婦人たちがケースに近づけるように体を起こした。 クーパー『(闇の戦い2)みどりの妖婆』より引用
  • 二人はまだ白李しろすももの下にいて、お互いの顔を触れんばかりに近づけている。 フィッツジェラルド・フランシス・スコット『グレイト・ギャツビー』より引用
  • それは彼女が乳房を子供の顔に近づけるときだけではなかったのである。 シムノン/長島良三訳『メグレと殺人者たち』より引用
  • 法というものはだれにでもいつでも近づけるはずだ、と思っていたのだ。 カフカ/中野孝次訳『審判』より引用
  • むろんそうしたからといって、それで段地へ近づけるわけではないがの。 ドイル/延原謙訳『失われた世界』より引用
  • けれども、わたしは彼らに話しかけてみようと岸のほうに舟を近づけた。 デフォー/佐山栄太郎訳『ロビンソン・クルーソー』より引用
  • みな彼の傍へ擦りよる風にして、鼻さきに顔を近づけ物いう癖があった。 横光利一『旅愁』より引用
  • その小穴のそばに頬を近づけたキカハは、かすかな空気の流れを感じた。 P・J・ファーマー『階層宇宙の危機』より引用
  • そんなこともあって、不用意に女を近づけないようにしているのだろう。 野村美月『文学少女シリーズ11 “文学少女”と恋する挿話集2』より引用
  • 二人の刑事は顔を衝突せんばかりに近づけて、おたがいの腕をつかみ合った。 海野十三『疑問の金塊』より引用
  • 信長が、その海を渡って来た伴天連を近づける理由の一つもそこにある。 山田風太郎『忍法行雲抄』より引用
  • カメラに顔を近づけた竹石の声は、かすかに震えてさえいるようだった。 福井晴敏『川の深さは』より引用
  • 彼女は明るい障子の方に本を近づけ、しきりに色を見わけながら云った。 宮本百合子『伸子』より引用
  • ステージに立っているだけで、あの人に近づけるような気がしていたのだ。 三雲岳斗『レベリオン 第01巻』より引用
  • 以来、私は大学とか研究機関とか名のつく組織には足を近づけてはいない。 光瀬龍『東キャナル文書』より引用
  • 鼻の先が触れるほどに近づけ、端から端に何度も視線をわせていった。 鈴木光司『らせん』より引用
  • 小さな本だから子供向けかもしれない、と妙な思いこみで顔を近づける。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖1 ~栞子さんと奇妙な客人たち~』より引用
  • その日からの私の願いは、あなたを武さんに近づけたいということだった。 川端康成『伊豆の踊子・禽獣』より引用
  • この世界でいちばん、探偵という仕事を厳密な科学にまで近づけている。 ドイル・アーサー・コナン『緋のエチュード』より引用
  • 巨人にどうやって近づけばいいのか、まったく考えていなかったのだ。 水野良『ロードス島戦記 5 王たちの聖戦』より引用
  • 次へ »