近づいてまいりまし

17 の例文 (0.00 秒)
  • 北方旅行をはじめると定められた日はいまや刻々近づいてまいりました。 ...
  • 皇子おうじとおひめさまの、約束やくそく結婚けっこんが、いよいよちかづいてまいりました。 ...
  • いずれにせよ、そろそろ身のふりかたを決めねばならぬ日も近づいてまいりました。 ...
  • あかふねは、とうをめあてにだんだんちかづいてまいりました。 ...
  • そのうちにふゆけて、だんだんはるちかづいてまいりました。 ...
  • さて七月も末になり、二十六夜が近づいてまいりました。 ...
  • 鎌倉には夏が近づいてまいりましたので、避暑客がぼつぼつと姿を見せ始めたのでごさいます。 ...
  • 紳士たちが近づいてまいりました。 ...
  • 一歩一歩地形はより美しい傾斜をえがき、よりこころよい森のひろがりへと近づいてまいりました。 ...
  • そこで、隙間のところになんどもまいりまして、青年がいるとわかると、小石や木片を投げ落としましたが、あまり頻繁にそうするので、青年は何事だろうとそれを見にそこへ近づいてまいりました。 ...
  • 「えーいよいよ直廾賞が近づいてまいりましたので」光談社の牛膝いのこずちが膳上線引の家へやってきてそう言った。
  • ガーディナー氏の戸口に近づいてまいりました。 ...
  • 硝煙わきたつ島上に、にわかに猛烈なプロペラの音が近づいてまいりました。 ...
  • いよいよ産むときが近づいてまいりましたが、やんごとない御子みこを海中で産むのはよろしくありません。
  • するとにわかに、こうした喧騒が満場にみなぎっているところに、はるかに一陣の砂煙りが巻き上がって、何事か呼ばわる、かまびすしい叫びがとどろき、地と空に充ち満ちながら、近づいてまいりました。 ...
  • 「さては、ほしが当たったらしいな」 いよいよ見込みどおりな結果に近づいてまいりましたものでしたから、もう長居は無用、伝六におでん屋親子の張り番を命じておいて、ただちに四谷大番町よつやおおばんちょうへ向かいました。 ...