近く

全て 名詞 形容詞
89,124 の用例 (0.02 秒)
  • ところが、第三の窓の近くには二人の紳士が立って低い声で話していた。 原田義人『火夫』より引用
  • 私はそのそば近くに立っていたが、彼はかつて私を見る様子もなかった。 ドイル・アーサー・コナン『世界怪談名作集』より引用
  • しかし君の家が近くなるにつれて妙に君の心を脅かし始めるものがある。 有島武郎『生まれいずる悩み』より引用
  • そして私の下りて来た瀬の近くにも同じような瑠璃が一羽いたのである。 梶井基次郎『交尾』より引用
  • さればと云つて、必ずしも僕の理想に近くなつて来たといふのでもない。 岸田国士『幕間』より引用
  • 東京があまりに近く、かつ、人々が若すぎたというだけのことであろう。 岸田国士『時 処 人』より引用
  • みんな近くで見たいと言いますが、全員許可するわけにはまいりません。 カフカ・フランツ『処刑の話』より引用
  • 江戸川先生に始めてお目にかかったのはもう二十年近くも前のことです。 大倉燁子『最初の印象』より引用
  • 近くで画を見ていた二三人の見物が皆云い合せたようにこちらを見た。 芥川竜之介『沼地』より引用
  • 毎日午後の三四時ごろに起きては十二時近くまで寝床の中で酒を飲む。 葛西善蔵『死児を産む』より引用
  • 東京では僕の自宅のすぐ近くに住んでいた、僕とおなじ年齢の女性だ。 片岡義男『ラハイナまで来た理由』より引用
  • だんだんパリに近くなればなるほど、ますますわたしはゆかいになった。 マロ・エクトール・アンリ『家なき子』より引用
  • もつと近くて低い目標が必要だとあれば、それはなんでもありません。 岸田国士『俳優志望者メンタルテスト』より引用
  • そのあいだに、少年たちは火を起し、近くの泉から水をくんで来ました。 水谷まさる『若草物語』より引用
  • 近くで見物したいというみんなの希望を許すことはできないくらいでした。 原田義人『流刑地で』より引用
  • 彼女は君に心からよろしくといっているし、近く君に手紙を書くだろう。 原田義人『判決』より引用
  • ハチミは部屋の電話でタクシーを呼び、家のすぐ近くまで来てもらった。 片岡義男『少女時代』より引用
  • しかしその後はどんどん子鼠が生まれて、一時は五十ぴき近くになった。 海野十三『怪星ガン』より引用
  • 当時H市の郊外で、三四郎の住居の一番近くに住っていたのは私だった。 大阪圭吉『寒の夜晴れ』より引用
  • あの人とお話ししたく思っておりますが、近く機会があることと思います。 原田義人『審判』より引用
  • 次へ »

近く で始まる単語