近々

全て 副詞
757 の用例 (0.02 秒)
  • そんな彼は近々行われる銀行合併のための諸問題の対策に追われていた。
  • いずれ本人から手紙を上げるでしょうが雅子さんが近々結婚しそうです。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • これまで十五年間働いて来たが、わしは近々この学校を去ることになる。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』より引用
  • 現在は中国国内での配信であるが、近々日本でも配信が予定されている。
  • その答えは「近々、娘が結婚するんだ」という意味不明のものであった。 大崎善生『孤独か、それに等しいもの』より引用
  • 近々のうちに今川家との間に事のあるのは確かであると、彼は信じている。 海音寺潮五郎『新太閤記(一)』より引用
  • 第一号艦についで、第二号艦の起工も近々のうちに開始されるだろう。 吉村昭『戦艦武蔵』より引用
  • 近々に妹を作ろうという決心を、形にしようとしているように見えた。 今野緒雪『マリア様がみてる 17 チャオ ソレッラ!』より引用
  • 近くで聞いてきましたが、こちらのお宅は近々美術館にならはるのやて? 服部真澄『清談 佛々堂先生』より引用
  • もっとも、その点はごく近々のうちに私の耳にはいることになっていますがね。 ドストエフスキー/北垣信行訳『罪と罰(中)』より引用
  • 雇い主が僕にどこまで求めているのか、近々確認する必要があるでしょう。 小川洋子『沈黙博物館』より引用
  • 司令の話では、近々、財団のほうからなにかが供与されるということだ。 大野木寛『ラーゼフォン第03巻』より引用
  • 宏一は近々新会社を創立することになって、誰ももうそれを疑いはしない。 半村良『闇の中の系図』より引用
  • その時に近々旅行に出るという話はしていたということです。 有栖川有栖『海のある奈良に死す』より引用
  • しかも敵軍は近々、二十キロ前後の地点にいて勇躍前進しているのだ。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』より引用
  • 「一九二八年三月十五日」も近々ロシア語になるということだった。 宮本百合子『道標』より引用
  • 五十八歳の母に近々に死が訪れることはごく当り前のことであった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 伯父が近々のうちに有名な先生を僕のために雇ってくれる意向だからです。 カフカ/谷友幸訳『アメリカ』より引用
  • 近々、演芸界へ再登場するのは、すでに社の上層部では決定ずみである。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • だから近々のうちに母親のところへ帰って来るか、手紙をよこすに相違ない。 中山省三郎『カラマゾフの兄弟』より引用
  • 次へ »

近々 で始まる単語