迎える

全て 動詞
11,009 の用例 (0.01 秒)
  • そしてもし私が帰って来たら迎えに来るように云いつけてあったのです。 三上於菟吉『黄色な顔』より引用
  • そういうお力は旧主人を迎え顔に、誰よりも先にそこへ飛んで出て来た。 島崎藤村『食堂』より引用
  • しかし、その家に入ったときに父を迎えたのは悲惨と絶望だけであった。 宍戸儀一『フランケンシュタイン』より引用
  • その波は天が彼女を迎えるためによこしたと考えねばならないと思った。 新田次郎『昭和新山』より引用
  • その時代助は普通の青年の様に、多大の好奇心をもってこの計画を迎えた。 夏目漱石『それから』より引用
  • 自分の肉体はすでに失われているが、自然な死を迎えることもできない。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • 家に帰ってきた息子と、遠い国からやってきたその友人を迎えるために。 阿川尚之『アメリカが嫌いですか』より引用
  • 真に生きているような心を以て朝を迎えるにはどうしなければならぬか。 与謝野晶子『平塚・山川・山田三女史に答う』より引用
  • すると早速その少年が迎えに来ましてテントの内へ案内してくれたです。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • こんな最後を迎えるなんて王宮にあがった日には想像もしていなかった。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • それに長男の宗太も十七歳の春を迎えていて、もはやこれも子供ではない。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 静かというよりは、物すさまじき夜を迎えたといってよいかも知れない。 海野十三『地球盗難』より引用
  • 私はじっさい何と思ってこの子の誕生を迎えていいか自分にわかりません。 倉田百三『青春の息の痕』より引用
  • 私は名も知らないこの小さな遊び仲間を眼の前に迎えて心より悦んだ。 薄田泣菫『艸木虫魚』より引用
  • おそらく、いつかこの大階段がふたたび彼を迎える日も来ることだろう。 クラーク『楽園の泉』より引用
  • 船から港に降りたとき、桟橋の上で地元の人たち大勢が、彼らを迎えた。 片岡義男『頬よせてホノルル』より引用
  • 階段の上では、友人の奥さんがポーチのドアを開き、僕を迎えてくれた。 片岡義男『ラハイナまで来た理由』より引用
  • そこで土彦に子供の生れるのを待って養子に迎えたのだと云われている。 坂口安吾『明治開化 安吾捕物』より引用
  • アーサー王と呼ばれていた私は、死を迎える一瞬で止まっている筈です。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • 唯季と住んでいた横浜の自宅で夜を迎える気にはまったくなれなかった。 吉村達也『ふたご』より引用
  • 次へ »