込めるよう

59 の用例 (0.00 秒)
  • そして周りには矢を射込めるような建物は無く、警備体制も万全だった。
  • 紫はきっぱりとそう言い、しかし、かすかな未練を込めるように続けた。 片山憲太郎『紅 第01巻』より引用
  • そのうち友達もできてすぐにクラスにも溶け込めるようになるわ。 今邑彩『赤いベベ着せよ…』より引用
  • カークは、スポックが扉の小窓を覗き込めるような位置に警備兵達の位置を移した。 ジェイムズ・ブリッシュ『12 上陸休暇中止!』より引用
  • 天を見上げてそっと目を閉じれば、自分が緑の中に溶け込めるような気がした。 今野緒雪『マリア様がみてる 03 いばらの森』より引用
  • 人が銃に鉛弾を込めるように、人が心に装填するのもまた鉛なのだ。 高殿円『銃姫 02 The Lead in My Heart』より引用
  • やけにそれらは大きく、滑車の上の部分に金具を差し込めるような穴がある。 乙一『夏と花火と私の死体』より引用
  • 何かを深く込めるようにして沈黙ちんもくすると。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第15巻』より引用
  • おのれの殺気を全て込めるようにして、彼女は刃を走らせる。 片山憲太郎『紅 第02巻 ~ギロチン~』より引用
  • 絶対離れないという決意を込めるように、強く握りしめてくる。 野村美月『文学少女シリーズ08 “文学少女”と神に臨む作家 下』より引用
  • 大抵の製品は耳の穴に入るサイズではないが、一部には比較的奥まで差し込めるようなサイズの小さい梵天を持つものもある。
  • 麻里子を見つめながら、男は声に怨念おんねんを込めるようにして言う。 片山憲太郎『紅 第01巻』より引用
  • 私は、二十代だとか三十代だとか、自分の年齢に必要以上の思いを込めるような、センチメンタルなタイプの人間ではない。 川島誠『もういちど走り出そう』より引用
  • さらに木の板2枚を便穴の上に架けてあることもあり、これによってその上でしゃがみ込めるようにしてある。
  • 舌で食物を喉の奥に送り、飲み込めるようになる。
  • 少佐が気がねなしに借金を申込めるような相手はワシントンには一人もいなかった。 O・ヘンリー/大久保康雄訳『O・ヘンリ短編集』より引用
  • CIAはや殺人犯などが、今後有力な情報提供者として何の疑いもなく犯罪組織に溶け込めるよう、情報提供者が行う数々の犯罪行為に目をつぶり、そしてある意味においては責任の所在が明確ではない情報源確保の目的で彼らに何十億ドルもの資金を提供する。
  • ウィリスが10年間政治を離れていたことは、確立された政治家との結びつきが少なく、敵が付け込めるような政治的な記録がほとんどないということで、利点になった。
  • だが慎の印象では低くたれ込めるような曇天ではなく、空全体が白っぽいひんやりとした日が多いように思う。 長嶋有『猛スピードで母は』より引用
  • しかし、たとえば掛金を外すために何らかの道具を差し込めるような隙間は、まったくないようだった。 綾辻行人『鳴風荘事件 ―殺人方程式Ⅱ―』より引用
  • 次へ »

込めるよう の使われ方