込めること

54 の用例 (0.00 秒)
  • 混乱が極限に達しているから、感情を込めることさえできないのだろう。 東野圭吾『赤い指』より引用
  • 彼は悪魔あくまと取り引きして人形にたましいを込めることに成功したと言われていてね。 桜庭一樹『GOSICKs 第1巻』より引用
  • 文法上や前後の単語から意味を考慮して文字を絞り込めることもある。
  • ひとつの歌の中に何重もの意味を込めることなど、いとも簡単になし得ただろう。 藤村由加『人麻呂の暗号』より引用
  • 体の一部分に込めることで、攻撃力や防御力を上げたりと用法は様々である。
  • もう足は動かないけど、手に力を込めることはできました。 宮谷シュンジ『絶望の世界 4狭間の世界 ボクの日記』より引用
  • アスナはただ、両腕に一層力を込めることしかできなかった。 九里史生『SAO Web 外伝04 絶剣』より引用
  • モノにはけっして込めることができない生命の息吹みたいなものを彼女の瞳は発している。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第02巻 ガーベージコレクター』より引用
  • この指輪は、〝存在の力〟を込めることで、ほのおによる攻撃を防ぐことができた。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第12巻』より引用
  • 唯、負け勝ちにちからを込めることがなく、結果はどうなつてもいいらしいやうに見えた。 室生犀星『故郷を辞す』より引用
  • 思い込めることがあるのは、ハッピーなことなのだから。 古沢良太『原作・脚本/相田冬二 ノベライズ キサラギ』より引用
  • 妻はそれ以上に、彼の怒りを抑え込めることができたと思われるが、エムデンに滞在していた時代から二つの決闘が今日まで伝わっている。
  • 僕はとりたてて感情を込めることなくそう言った。 奈須きのこ『歌月十夜 27 月姫 -Radiant White,Benignant Black & The Others-』より引用
  • 自身の経験や心情を歌詞に込めることが多く、また地元和歌山を題材にした曲が多い。
  • 登場人物の関係も筋書きもわからず、どこにも感情を込めることができないまま、同級生が自殺してしまった一日が、目の前をただ流れていった。 重松清『カカシの夏休み』より引用
  • 自分の作り上げようとする神話に、どれだけ多くの願望を込めることができるか、大切なのはそれだけだ。 鈴木光司『ループ』より引用
  • また、祝福の他に感謝の意味を込めることもあり、名選手の引退試合や退任が決定している監督の最終試合で胴上げを行うこともある。
  • このために愛は死の中にのみ実現可能という、「愛=死」の強いメッセージを込めることに成功している。
  • 一時期仕事を引き受けていた緑の党とは現在では距離をおいているが、その後も必要と感じたときには絵に政治的メッセージを込めることがある。
  • このことは、聾者が滑らかに社会に溶け込めることを意味した。
  • 次へ »

込めること の使われ方