込める

全て 動詞
845 の用例 (0.00 秒)
  • この古代時計室には、私が昏睡させられて鎖じ込められていたのですわ。 小栗虫太郎『黒死館殺人事件』より引用
  • 音楽に込める精神性よりも楽曲を構成する音を重視して制作を行っている。
  • そして彼女は三百年ぶりにはっきりと怒りを込めて空を見上げていた。 有沢まみず『いぬかみっ!08』より引用
  • 痛みをこらえるために力を込めるのは、その気がなければ出来ないからだ。 川上稔『AHEADシリーズ 06 終わりのクロニクル③〈中〉』より引用
  • その力の半分は、奴が愛用している木刀に込められた奴の父の念による。 菊地秀行『魔界都市〈新宿〉』より引用
  • 混乱が極限に達しているから、感情を込めることさえできないのだろう。 東野圭吾『赤い指』より引用
  • 自分の内に残っている気力のすべてを込めて、私は玄児の顔を見据えた。 綾辻行人『暗黒館の殺人(下)』より引用
  • 立ったままで書いたから安定しなかったけれど、心を込めて名前を書いた。 今野緒雪『マリア様がみてる 32 卒業前小景』より引用
  • 貴い紙を一枚でもおろそかにしてはすまないと云ふ意を込めたのである。 柳宗悦『和紙の教へ』より引用
  • 「君を責めることはできそうにない」と男は感情を込めない声で言った。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • このようなケースを医師への非難を込めて医原病といったのである。 上野正彦『死体は語る』より引用
  • 二人の気配がこの場から離れるのを感じると、杖を握る手に力を込める。 白瀬修『おと×まほ 第03巻』より引用
  • 鍵にはどちらかの側に一連の溝があり、差し込める錠前が限られている。
  • 何度か力を込めたり抜いたり、しかし震えは止められないようだった。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第10巻』より引用
  • 反対の意思表示に込めた彼女たちの力は、たいへんに強いものだった。 片岡義男『日本語の外へ(上)』より引用
  • いったいどれだけの運動エネルギーがあのナイフにめられているんだろう。 谷川流『涼宮ハルヒの驚愕(前)』より引用
  • 私は、とても悲愴な気がして斯んなことを力を込めて云ひ放つたりした。 牧野信一『競馬の日』より引用
  • 然し私は海の中で変な具合にとじ込められてしまったことに満足していた。 島尾敏雄『出孤島記』より引用
  • それに人間ひとりを塗り込めるなんて、そう簡単にできることではない。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • 彼は悪魔あくまと取り引きして人形にたましいを込めることに成功したと言われていてね。 桜庭一樹『GOSICKs 第1巻』より引用
  • 次へ »