込む

全て 動詞
6,419 の用例 (0.01 秒)
  • あなたは今までに教え込まれてきたことを疑い始めなければならないわ。 ジョン・ヴァーリイ『バービーはなぜ殺される』より引用
  • 彼女は鳥籠を縁先に吊し何か口の中で歌ひながらそれを覗き込んでゐた。 十一谷義三郎『静物』より引用
  • 私の横で働いている女工が朝キャッといってけ込んできたことがある。 小林多喜二『党生活者』より引用
  • ドアは彼の手でゆっくりと内側へ開き、彼は室内を覗き込んで何かを言った。 ディケンズ・チャールズ『二都物語』より引用
  • と、其処にも男湯の方を覗き込んでいる近所の若衆が二三人立っていた。 海野十三『電気風呂の怪死事件』より引用
  • 誰しも二人の敵を打つよりは一人味方に思ひ込む方が気が楽でゐられる。 坂口安吾『小さな部屋』より引用
  • それが足の肉に喰い込んでいた痛みが偶然発見をもたらしたのである。 海野十三『電気風呂の怪死事件』より引用
  • 警察に駈け込んで来た質屋の親仁おやじの禿頭は娘の顔を見ると泣いて喜んだ。 夢野久作『黒白ストーリー』より引用
  • かれはその後幾日か考えつめた末に、神田の半七のところへ駈け込んだ。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 昔は頭の挙らなかった百姓の部落の方に沢山新らしい家が建込んでいた。 島崎藤村『家』より引用
  • へたり込むような格好かっこうすわり込み、そして彼女の形のいいおしりの下には。 鈴木大輔『おあいにくさま二ノ宮くん 01』より引用
  • 東京湾内へも、四、五月頃になると遠く太平洋の方から乗っ込んでくる。 佐藤垢石『鯛釣り素人咄』より引用
  • と、またおびやかすように力強い声でじっと吉田の顔を覗き込んだのだった。 梶井基次郎『のんきな患者』より引用
  • どうやら、明美は本気で私との交わりに入れ込んでいるようなのだった。 植松真人『雨のボレックス』より引用
  • 誰がさういふ風に教へ込んだか知らんが、そんな考へ方は俗な考へ方だ。 岸田国士『歳月』より引用
  • いゝ事に嚥み込んでゐなかつたものだから、翌くる朝は癒りましたがね。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 下山は目的地が僅か三分か五分の距離だと対手から教え込まれた筈である。 松本清張『日本の黒い霧(上)』より引用
  • ときには大量の刷物の包みがお涌の勉強机の側まで雪崩なだれ込んだりした。 岡本かの子『蝙蝠』より引用
  • けれどもすぐまた他の感情の流れが逆流して、彼女をまき込んでしまう。 ストレイチー・リットン『エリザベスとエセックス』より引用
  • 停車場ステーシヨンに駈け込んだ人の後姿うしろすがたを笑ひながら見やつて、お光はう言つた。 上司小剣『東光院』より引用
  • 次へ »