込み

全て 名詞 動詞
6,855 の用例 (0.02 秒)
  • 少年たちだけではない、少女たちまでが参加申込みをしてくるのだった。 海野十三『骸骨館』より引用
  • 五分も経つと、また胸が込みあげて滝は起き上らずには居られなかつた。 牧野信一『西瓜喰ふ人』より引用
  • 長い間人込みの中でじっとして見物して居る事は苦痛だと申しました。 小泉節子『思い出の記』より引用
  • もっと言いたいことが泉のように込みあげて来たが、彼は椅子に腰を下した。 島田清次郎『地上』より引用
  • 彼らの態度は少し気になったものの、青木はかまわず聞き込みを続けた。 貫井徳郎『天使の屍』より引用
  • 彼らの中に一室だけ、到着三日前に電話で予約申込みをした者があった。 森村誠一『生前情交痕跡あり』より引用
  • 島で聞き込みをするぶんには、写真がなくてもさほどに違いはないだろう。 小野不由美『黒祠の島』より引用
  • 井手下の写真をもって近くの集落に聞き込みをしたところ、反応があった。 森村誠一『凶通項』より引用
  • また東京の様な入り込みの地方では、既に忘れられているものが甚だ多い。 喜田貞吉『エタ源流考』より引用
  • 奥さんは私の後ろから隠れるようにして、四畳の中をのぞき込みました。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 鮒党はこの本乗っ込みをどんなに首をのべて待っていたことであろう。 佐藤垢石『細流の興趣』より引用
  • 大分つかい込みの出来た叔父は一層もうけ口を見脱みのがすまいとしてあせっていた。 徳田秋声『足迹』より引用
  • 書き卸しの芝居を見に来た、といふ気込みが、見物席に充ち満ちてゐる。 折口信夫『「なよたけ」の解釈』より引用
  • かわりに聞き込みのメモを取り出したが、それは開く気にもなれなかった。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • 映画にとりたいという申込みはそのころよくあったが私はことわってきた。 倉田百三『『出家とその弟子』の追憶』より引用
  • やりはじめたらやっぱり快楽だから俺はフィニッシュまでもち込みたい。 中上健次『野性の火炎樹』より引用
  • そして、此六月になつてから、突然政治から結婚の申込みを受けたのだ。 石川啄木『鳥影』より引用
  • 結局、そこまでが込みの卒業集合写真撮影会であったということだ。 今野緒雪『マリア様がみてる 32 卒業前小景』より引用
  • ガーランドがいつになく真剣な目で俺の顔を覗き込みながら訊いた。 押井守『Avalon 灰色の貴婦人』より引用
  • 開け放った窓から月の光がさし込み、鈴虫の軽やかな音が聞こえてきた。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』より引用
  • 次へ »