辞める

全て 動詞
1,210 の用例 (0.02 秒)
  • かなり危険な作業なだけにいつでも辞められる状態にしておきたかった。 工藤美代子『工藤写真館の昭和』より引用
  • 彼が自分は辞められないと思えば思うほど、私への圧力は強くなるのだ。 沖藤典子『転勤族の妻たち』より引用
  • そのため家庭を持った事で将来に不安を覚え、野球を辞める決意をする。
  • 本当にいやなら辞めてしまえばいいじゃないかと考える人も多いと思う。 大塚公子『死刑執行人の苦悩』より引用
  • ちょうど長くいた事務員の女の子が辞めて、あとがほしいところだった。 松本清張『絢爛たる流離』より引用
  • 十何年か前に辞めるときは、取締役で何かの部長をしていたと思います。 内田康夫『遺骨』より引用
  • あなたは一億円を手に入れたあと、銀行を辞め、東京に来たのでしょう。 大山誠一郎『アルファベット・パズラーズ』より引用
  • 和也が半年でそこを辞めたのは、九州の兄弟がいなくなったからだった。 奥田英朗『最悪』より引用
  • そろそろこの店を辞めることも考えなければと彼女は考え始めていた。 東野圭吾『探偵ガリレオ』より引用
  • これならいつでも自分の都合で辞められるという計算があったからだ。 吉村達也『お見合い』より引用
  • 本人は辞める気力もなかったからだと言っていたが、そんなはずはない。 川原礫『アクセル・ワールド 04 -蒼空への飛翔-』より引用
  • わたし会社を辞めるんだよ、眞紀子を置いていくようで悪いんだけどね。 夏石鈴子『家内安全』より引用
  • けれどこのことが後年、会社を辞める原因のひとつにもなったのだった。 小堺昭三『カメラマンたちの昭和史(8)』より引用
  • 研究所ができなければ、辞めるつもりでいましたので、私も必死でした。 岩月謙司『女は男のどこを見ているか』より引用
  • 映画が好きだったため映画館の看板屋で働いたが3年ほどで仕事を辞める。
  • 彼はサークルを一つ辞めたとしてもほかに色々とやることがあるらしい。 森見登美彦『四畳半神話大系』より引用
  • けれども、辞めて明日からどうするかといえば、まるで見当もつかない。 大塚公子『死刑執行人の苦悩』より引用
  • そこをお辞めになったってことは、なにか理由があったわけですよね? 松岡圭祐『千里眼 堕天使のメモリー』より引用
  • 辞める理由よりも、ここにはもういないほうがいい理由のほうが多かった。 夏石鈴子『家内安全』より引用
  • そうでなければ、何の当てもないのに会社を辞めたりするはずがない。 車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』より引用
  • 次へ »